BOASORTE 10

2010年08月29日

ブラジル大会に向けて。

日本代表の監督はまだ決まっていませんし、今回のメンバー全体に関しては特には書きませんが、今現在の日本の若手を見ても才能のある、いい選手がまずまず揃っている印象があります。

中田が引退し、小野伸二や中村俊輔や遠藤ら(他にもいますが)もまだまだ全然いけますが、30を超えてきている中ですが、成長次第では遜色ない、それらを超える選手・チームになる可能性も十分あるでしょう。是非ともいい監督を招いて欲しいので、色々言われてはいますが、個人的には今の方向性で探して決めてほしいなと思っています。

現状の海外日本人を見ても、本田をはじめ、リーグでもレギュラークラスが以前のように増えてきそうな感じだし、特に香川なんかは最も期待出来るでしょう。プレー見ていても。また、GKの川島も出ていますし、長友・内田のサイドバックが海外に出ているのも魅力的な状態です。

また、Jリーグにも乾のような選手や、ヴェルディの河野や、川崎の楠神はもちろんですが、さらには宇佐美、マリノスの小野などと言った10代の選手もいるし、柿谷にも今だに期待しています。才能はあるので。他にも25歳以下に、才能あるいい選手が多いと感じています。特にドリブルを得意とする選手が。

こういうメンバーの中に4年後中盤に34歳の遠藤がいてもいいと思うわけです。小野伸二でもいいですが、おもしろいと思います。

4年後が全員が全員どうなっているかなんてのはわからないけど、今の段階ではけっこうおもしろい選手が多いなと感じています。

posted by y.peterpan at 06:15 | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ネイマール、ホビーニョ、ガンソのセレソン

ブラジル代表対USA

新しいブラジル代表が2-0で勝利し、新チームスタートしました。

中でも大変魅力的なのは、以前紹介した現在最強のサントスFCから、

ネイマール、ロビーニョ、パウロエンリケ・ガンソ の3人が出場したことです。そしてネイマールは得点も決めました。ガンソもリバウドのようになりそうです。

試合を全部見れなかったのが残念ですが、YouTubeなどでもちょっと見れますし、ブラジル現地へネットなどに繋げば多少見ることが出来ます。

ドゥンガでは実現できなかったことがいとも簡単に実現したので、2014年地元開催に向けて、ブラジルらしいサッカーに戻ることは間違いないでしょう。

メンバーがメンバーだけに非常に楽しみになってきました。

ネット放送やYouTubeやブラジル人の友達に頼むなどしか今のところまともに日本ではあまり見ることが出来ないサントスFCですが、お世辞抜きで最強におもしろいサッカーしています。

バルサやスペイン代表、マンUなどのサッカーも好きだし、魅力的ですが、自分的にはそれより今のサントスはおもしろいし、非常に魅力的なサッカーを魅せているクラブです。

もちろんリベルタドーレスで来年とかは見れるかもしれませんが、おそらく欧州へ移籍などもする可能性もありますから、メンバー的にはあくまでも現在(W杯前)はです。

それでもあのfutebolなら、ネイマール、ホビーニョ、ガンソに関してはサントスにいて欲しいと思ってしまいます。


posted by y.peterpan at 03:22 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

香川の今後に期待

香川の才能は言うまでもありませんが、ドイツに行き、期待感が高まってきました。既にプレーシーズンマッチでゴールを連続で決めております。

プレーをちょこっと見ましたが、日に日に良くなってきているし、香川らしいプレーが出てきています。今後の結果次第では代表でもかなり期待が出来るので、是非結果にはこだわって欲しいと思います。らしさがをガンガン出せば、活躍するんじゃないでしょうか。

また、長谷部、内田もいるし、ブンデスリーガは楽しみですね。そして、現在Jリーグにも若くて才能ある選手が試合に出始めてきているので、若手全体的に楽しみに感じています。

posted by y.peterpan at 04:35 | Comment(0) | 応援選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カズ、最年長得点記録更新

カズが43歳最年長ゴールを決めましたね。本当に素晴らしいことだと思います。

私が小学生のときからの憧れの選手が、今も現役でやっていることがまず凄すぎるし、本当に人間的にも尊敬出来る選手です。

カズのゴールを見ると自然とこちらもやる気が湧いてきます。最近暑いのか、モチベーションが下がり気味でしたが、上がってきました。これからも応援していきます。



楽天市場 炭酸パック

posted by y.peterpan at 03:50 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

新生ブラジル代表メンバー

メネゼス新監督、初のメンバー招集スポーツナビ


8月の親善試合に向けたブラジル代表のメンバーが発表されました。
アレッシャンドレ・パト、レアルのマルセロ、サンパウロのエルナネス、この前記事でも書いた今絶好調のサントスFCからは、ネイマール、ガンソ、アンドレ、ホビーニョと4名も招集されました。

マイコンやカカーは今回は招集されませんでしたが、いずれは今回のメンバーに徐々に優秀なベテランは融合するでしょう。特にマイコンは欠かせないでしょう。

ドゥンガのメンバーとは違い、まずはブラジルらしい選考に戻ったという印象で、個人的にも楽しみになってきました。4年後はどうなっているかわかりませんが、サントスFCの4名、特にネイマールとガンソ中心になっていくと非常に楽しみになるし、いつものような魅力的なブラジルになると思います。

posted by y.peterpan at 07:43 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

スペイン。圧倒的。

スペイン対ドイツ

1-0でしたが、見てる側から見ると危なげなくスペインが勝った印象でした。ドイツの戦い方はスペイン戦仕様だったのか、芝が悪すぎて個人の技術に差が出たのかはわかりませんが、良いときのドイツは見ることが全く出来ませんでした。

そしてスペインはスイスには負けはしましたが、一貫してスタイルを崩しません。ドイツ戦は個人的にどうなるかわからないと思っていましたが、調子が悪くもたもたしていた、フェルナンド・トーレスをスタメンからきっちり外して、内容もほぼ支配し、勝ちきりました。最後はシルバ、トーレスを入れパワープレーを守りながらカウンターを狙う監督の采配も完璧でしょう。

最近は守備のブロックをがっちり作り、引きながら負けないサッカーをまずはするチームが多い中、スペインはバルサほどではないとは言え、慌てず丁寧にゴロでパスを回し続け、ただ回しているだけではなく、決定機までもっていくという意志を持って常時狙ってます。攻撃になると才能ある個人技に優れる選手たちが、長い時間ポゼッションし、ドリブルも織りまぜながら、じわじわとゴールに近づく感じですね。それでいてトーナメントでは今のところ失点もしていません。素晴らしいサッカーですね。

まず負けないサッカーが主流の最近ですが、ブラジル、アルゼンチンはもちろん、スペインやメキシコやチリなどのスタイルは貴重だし、こういう時代こそ注目して欲しいと個人的には思います。

別にスペインは思い入れがある国でもないし、オランダ、スペインどちらが優勝しても個人的には良いのですが、攻撃的オランダが今日のドイツのような戦い方をスペインにさせられてしまうと、スペインが優勝するかもしれません。

それにしてもプジョルの走りながらのジャンプ力凄いですね。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 11:03 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ネイマール・サントスFC

コメントでも書きましたが、ネイマールは今ブラジルで最も熱い期待の若手だと思います。今大会でも待望論はありましたし、まだ18歳とは言え、サントスのエースで、レアルなども常に追っている選手です。

日本でも同年代の宇佐美はネイマールと何度か試合していますが、当時、宇佐美も全然負けていなかったので、個人的には宇佐美にもかなり期待してますが、最近のネイマール、ありえないことになってます。個人的にはレアルよりバルサやマンUに行って欲しい気持ちもありますし、そのままサントスでも良いんじゃないかと思います。ホビーニョもいるサントスは今凄いサッカーしてますし。ちなみにガンソもサントスです。




人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 06:44 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ブラジル対オランダ。残念。

ブラジル負けました。残念です。負けたと言うか自爆と言っても良いかもしれません。

前半に関してはこの前のチリ戦同様、ほぼ完璧に進めていたし、守備的だと言われても、やはり要所要所でウンドイス多用の中央突破やサイドからのドリブルなどもあり、オランダ相手でも1枚上でした。攻撃面でも。これはブラジル特有の物でうますぎるのでしょうがないのです。ただ、オランダのキーパーの素晴らしさもあり追加点が取れなかったのは痛かったです。

そして後半・・・。まずオウンゴールのような感じで入れられ、2点目もセットプレーからスナイデル。2点目はオランダを褒めるしかありませんが、その後のフェリペメロの退場。これは痛すぎました。

日本人の西村審判でしたので一瞬心配しましたが、リプレーで見てもあれは完全に軽率なプレーだし悪質でしたね。ロッベンに対していらついていたのはわかりますが、冷静にならなければなりません。これで完全に逆転が難しくなりました。その前からブラジルらしいことをロッベンにやられたと言ってもいいかもしれません。ホビーニョらもいらついてましたし。

フェリペメロですが、ホビーニョの1点目のパスなど見ても、かなり貢献していただけにこの退場でどうしようもなくなってしまいました。

やはり時間がなくなるとブラジルもさすがに焦るし、結局ちぐはぐして終わってしまいました。日本戦のように私も気持ちが入っていたし応援していたのでとても残念な気分です。

もちろんオランダの攻撃サッカーも好きですが、ブラジルが負けたのは非常に残念でした。これでアルゼンチンも負けたら、個人的にはですが確実に楽しみは少なくなります。

これでドゥンガはきびしいですね。元々守備的だなんだと多少の批判はありましたので、今回優勝出来なかったし、ベスト8で敗退となると国内でもそうとう批判は出てしまうでしょうどうしても。

徹底したサッカーをやり続けて結果も出していましたし、穴がなく負けそうにないと個人的にも思っていましたが、

結局は結果的にはパト、ネイマール、ロナウジーニョ、ジエゴ、マルセロ、ガンソなどありえない選手がメンバーにも入っていないこともあり、色々と言われるでしょうし、今回は優勝するしかなかったと言えると思います。結果が全てとわかっているだけにドゥンガもくやしいと思います。

今日のような展開でも、サントスのネイマールや、ホナウジーニョなど圧倒的な個人技で打開出来る選手は今回のメンバー以外にも凄い選手はいくらでもいますからねブラジルは。

どちらにしろ、日本が負けてからは、思い入れのある国、セレソンを応援していたので、負けてしまい個人的にもとても残念です。

ドゥンガはドゥンガで評価しますが、やはりいつものようなセレソンを次のブラジル大会では絶対見たいし、たぶんそうなるんではないかとは思います。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 07:26 | Comment(3) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

日本対パラグアイ・スペイン対ポルトガル

日本代表は残念でしたがPKで負けてしまいました。

PKまでよくもっていきましたが、やはりチャンスはありましたのでゴールを決めきれないところは課題です。パラグアイもでしたが。

そしてPK戦はある程度しょうがないです。駒野、よくやったと思います。昔から知ってるんで、私は個人的にはですが駒野PKは安心して見ていました。こういうこともあります。現場しかわからないこともあると思います。

私的には延長途中からPKで勝つだろうと確信していたので試合後の数分は悔しくてかなり落ち込みましたが、もう前を向き次へを期待します。課題も多いです。

今、スペイン対ポルトガルを見ていますが、やはりボール運びや一対一、ドリブル、駆引きなどそのあたりの差は特にあります。まあパラグアイはしたたかでしたが。

どのようなスタイルが良いのかなんてのはわかりませんが、日本の選手たちは一丸となり、まとまれば、かなり戦えることがわかりました。

守備も組織的に出来ることもわかりました。もしかするとウルグアイやパラグアイのような戦い方も出来るチームになる可能性もあるし、スイスのような素晴らしい守備に徹底することも、またはチリのようなことも出来る可能性もあります。

そして敗戦後の涙を見てもわかりますが、選手たちは全てをかけていたと思います。

遠藤が泣いている姿なんてのは見たことありませんでした。初めて見ました。

これはパラグアイも同様で、ベスト8にかけている気持ちは物凄かったでしょう。歴史もあります。パラグアイでさえ8までは苦労しました。

日本もベスト16は立派な結果です。この結果は次につながる物にしなければなりません。

今回このような魂のこもった熱い戦いを代表が見せてくれたことには素直に感動しましたし、大会前の状態を考えると夢のようなところまで行ったわけだし、課題もわかったわけなので、ここからが全てでしょう。

サッカーはまだまだ続きます。期待したいです。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 05:09 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

ブラジル対チリ。その他展望。

アルゼンチン対メキシコ同様、ベスト16屈指の注目試合だと個人的には思っていたのですが、やはり素晴らしい極上フットボールが見れました。この時間まで起きていても全く損はありません。

また、チリが良いのはわかっていたし、僅差になる可能性もあると思っていたのですが、今日のブラジルは本当に完璧で、試合をあっさりうまく決めてしまいました。これぞセレソンという感じでした。

これで次はブラジル対オランダ、アルゼンチン対ドイツというたまらないカードになりましたね。ベスト4でも良いと思いす。

私はブラジルとアルゼンチンが勝ち抜けて欲しいですが、ドイツがかなり強いので、マラドーナアルゼンチンはどうなるかはとても楽しみです。勝てれば優勝も見えてきます。

そしてブラジル対オランダ。これは今まで数々の名勝負見せているので非常に楽しみな試合ですね。今日のブラジルの出来だと、まずどこにも負けそうにありませんが、オランダのタレント、攻撃力も凄いので、ブラジル相手にいよいよ本領発揮するとなると確実におもしろい試合になるでしょう。

個人的にはブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、スペインで、決勝でブラジル対アルゼンチンだったら最高です。

もちろん出来る事ならば、スペインのとこが日本であってほしいですし、勝ち進んでいけば全部日本応援です。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 06:36 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする