BOASORTE 10

2011年06月01日

バルサに勝つには?

今回はマンU応援してましたが、チャンピオンズリーグの決勝ですが既に3回ほど観ました。

それ以外にも今季のCL、リーガエスパニョーラのバルサの試合を観ていく中で、わかったこと。
(長文注意)

私が生まれてから知る限りでは、現バルサはおそらく最強チームだと思われます。(あくまで個人的見解)

もちろん、サッカーですし、コンディション問題などを入れれば100%バルサが全て勝つとは思いませんが、勝つ確率としてはたぶんどこよりも圧倒的になっているでしょう。(アウェーは別です)

なおかつ観ていて面白い。圧倒的なスキルで圧倒的にゲームを支配し、クラブ全体、選手全員がスタイルを共有し表現する。シンプルに言えば魅せて勝つの究極系。そして結果を出す。

このレベルになると、例えば昔のアヤックス、80年代後半のミラン、最近のモウリーニョインテル、デコ&ホナウジーニョの時代のバルサ、また、国の代表は比較は出来ませんが、あえてするなら95〜97、2003〜2005あたりのブラジル代表、昔のマラドーナアルゼンチン、98フランス代表、2010スペイン代表などと比較してもそう感じます。

「個人技」だけに焦点を当てれば、ブラジルやアルゼンチンやスペイン代表(バルサ選手が多いが)は勝負できますが、完成度とか圧力というかそういった表現できないものも含め、総合的に見た場合です。

最近個人的にプッシュしている、特に2010のネイマール&ガンソ&ホビーニョのサントスFCとかは大変魅力的なんですが、完成度+圧力的なものを加味してもしなくてもちょっとどうやっても勝てないかなと思ってしまいますね。サントスホームのヴィラ・ベルミーロでガチで試合するなら別ですがね。

上記はあくまで個人的判断で上げました。他にも沢山の上げたい年代のクラブはあります。

そこで、バルサに勝つにはどうしたら良いか?

という部分をテキトーに書いていこうと思います。

・バルサ以上にうまい選手を揃え、支配率をバルサ以上にする
・完璧かつ圧倒的な組織的守備を引き、美しいカウンターに徹底する
(但し選手のテクも高いことが最低条件)
・ファールギリギリ、もしくは危険なプレーで潰す
・自分たちのホームだけで試合をする


こんなところでしょうか。

一番下の自分たちのホームだけは現実的ではありません。また、ファール&危険なプレーで潰しまくるは完全に問題外ですが、アンチフットボール例として載せました。

スタイルは、人による好みや考え方で違うし、他にも色々あると思いますが、あくまでもバルサに対して美しく華麗に勝つことを考えると、

個人的には上記の上から2点、特に一番上の支配率をバルサ以上にするしかないと思ってます。つまり、バルサ以上にうまい選手を揃え(出来れば育成段階から同クラブ)、その上でさらにある程度の時間をかけて圧倒的完成度を誇らなければならないでしょう。

まぁ、考えるのは簡単です。それでも勝てないんですね・・・。

ただしかしそれで止まったら無意味です。

「メッシ、シャビ、イニエスタがいるから実現出来るだけ、いなければあのサッカーは出来ないし、勝てないし、目指す必要もない」 などと考えるのは問題外です。

「現実的ではない、無理だ、勝つためだけのサッカー、引篭もりカウンターだけ狙うしかない」って思考の人が少なからず多いのも事実だが、これも正直問題外。

やはり、上記のような選手がいないから無理ではなく、育成段階でメッシやイニエスタやシャビのような圧倒的選手を育てていくという発想を特に指導者は持ってほしいです。バルサというとんでもないクラブがあるわけだし、超えたいと思い徹底的にこだわることにより、世界、日本も含め、現代のフットボールがより魅力的になるはずです。

話しがそれました。

ただ、今季のCLを観て、可能性のある参考事例としては、レアル・マドリードとアーセナルだったと思います。

モウリーニョのレアルは、ぶっちゃけ個人的には紙一重だったと思っています。1Legではバルサの良さを消しつつも攻めることもでき、主導権を取りかけた。というか取った。それはハイレベルな選手が揃っており、かつモウリーニョが指揮したからということもあるでしょう。ペペの退場がなければ1Legはわからなかったと思います。

アーセナルは自分らのスタイルである素晴らしいフットボールで対抗した。ホームでは勝ちましたし。どちらかと言えばバルサ的ではあり(正確には違うが)、ポゼッション勝負で負けたと言えます。つまりアーセナルのスタイルでバルサに対抗する場合は、支配率をバルサ以上にする必要があったということです。最低でも五分五分に近いところまで支配率を上げる必要があると思います。

それが出来ませんでしたが、個人的にはバルサ相手にもスタイルをあまり変えないアーセナルのサッカーは支持したいし、決勝より面白かったです。これを徹底し、仮にアーセナルが支配率で上回れば勝てる可能性は十分ありえます。 

また、対戦事例のない代表チームで言えば、アーセナルと同様テクに長け、またブラジル特有のリズムも兼ね備えたポゼッション勝負のブラジル、

鉄壁な守備を持ち、かつテクニックにも優れる、2010のウルグアイ、2006イタリアあたりのサッカーも参考になります。もちろん、代表の完成度とクラブの完成度ではクラブの方がデカイことが多いので比較出来ませんし、現バルサに勝つにはさらに究極に完成度を上げる必要はあります。

守備的カウンターで少ないチャンスを狙うにしても、メッシのいるバルサ相手では相当なレベルで整備した守備を90分集中維持しなきゃなりません。普通のチームではたぶんほぼ無理です。

またまとまりのない長文になってしまいました。

最後に、ブラジル行ってたこともあり、セレソン好きな私がテキトーに考える、対バルサを載せておきます。あくまでもネタになります。

現バルサに美しく華麗に対抗するには、だいぶ過去にさかのぼって選手を入れざるをえませんでした(笑 これしかないなぁ。これで打ち合いが見たいですね個人的には。
※メッシ、シャビ、イニエスタ、ビジャ、ペドロに対するフォーメーションの組み合わせは考慮してません。

いずれにしろ、現バルセロナFCはちょっと強すぎると思ってます。

(これらのセレソンメンバーが全員全盛期かつ現代でちょうど全員揃った場合です。あくまでもネタです)

brasilbarcelona.gif 

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 08:56 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

ネイマール・リベルタドーレス

リベルタドーレスもいよいよベスト4でして、ネイマール、ガンソのいる注目のサントスFCは1Legを勝利し、ファイナル、優勝に少しづつ近づいています。出来たらあと1、2点取っておきたかったところですが、今のサントスは監督がムリシ・ラマリョになってから比較的守備も安定しているので期待できるのではないのかなと思っています。

ブラジルもハード日程の問題も出てきているし、ガンソが怪我をしている中、より負担と注目が高まるネイマールですが、ほとんどの試合で何かしらの結果を出しています。準決勝のセロポルテーニョ戦でもとんでもないドリブルからゴールを演出しています。

キックフェイントから3人程度あっさりかわし、速いドリブルで1人かわしてのアシスト。うますぎます。
最近のドリブラーは左サイド近辺を得意とする選手がまた増えてますね。ネイマールと同年代の日本の宮市、宇佐美も得意としています。うまいです。




人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 15:38 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

悪夢のような展開のACLだがセレッソ大阪に期待したい

大阪ダービーで気持ちも高まっていたACLですが、日本勢がセレッソ以外全て敗退と言う悪夢のような展開に一夜でなってしまいましたね。もちろん、お互い日本勢同士の対決であったダービーで負けたガンバはセレッソ以外との戦いであれば勝ち進んだ可能性もあります。

また、震災の影響による様々なこと、また日程的な疲労、またベスト16の対決が1位通過有利のアウェーで一発勝負という大会のシステム上の問題もあったにせよ、それでもこの展開は重く考えてもらいたいところです。昨年も厳しかったし。

Jではヴェルディ応援している自分も、やはりヴェルディが出ていなくても個人的にはACLは結構注目してるので、リベルタドーレスでサントスFC以外のブラジル勢全滅や、チャンピオンズリーグでイタリア勢全滅というのと同じような感じではあるし、気持ちも落ちましたね。さらには鹿島と名古屋が披露したサッカーを見ても、とても残念な気分になりました今回は。

ただ、セレッソには期待したいと思ってます。今季のJリーグでは勝ち切れておらずまだまだな面はありますが、ACLでの大阪ダービー見ていても良いサッカーしてたし、是非勝ち上がって欲しいと思っています。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 12:58 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

サントスFC対クラブアメリカ

リベルタドーレスの先月に行われたサントスFC対クラブアメリカがやっていたので1試合通してひさびさに見れました。注目はネイマールとガンソでした。

順調に残っていたブラジル勢が、ここにきて一気に敗退するというブラジル国内では悪夢のような展開の中、サントスFCは勝ち上がっているので個人的には期待してます。前にも書きましたが、今のサントスは非常に魅力的かつ攻撃的なフットボールを魅せるからです。テクニックはブラジル特有で高いですが、ここにありえない才能のネイマールとガンソがいるわけです。

ちょっと前にはロビーニョがいましたが今はミランに移籍しましたし、アンドレというアタッカーも欧州移籍でもういません。なのでやはりネイマールとガンソもその才能からしていつ欧州に行ってもおかしくない状態ですので、

いつまでこのような魅力的サントスFCを維持出来るかはわかりませんが、是非CWC(クラブワールドカップ)で日本で見たいところです。ちなみに2010年W杯セレソンのエラーノも今現在サントスにいます。

試合は、その天才ネイマールのドリブルからのパスから、天才パウロ・エンリケガンソの足裏トラップからの素晴らしいゴールでサントスFCがクラブアメリカに勝ちました。

posted by y.peterpan at 01:32 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

CL クラシコ

シャルケとマンUの試合書こうと思いましたが、ひとまずレアルマドリード対バルセロナがさっき終ったので記事だけアップします。

いや〜熱い試合でした。荒れましたが、かなりレベルは高かったです。まず、やはりさすがモウリーニョ。今回はある程度攻めながらもさらにはバルサの良さを消してきましたし、守備の潰しの要のペペが退場するまでは、前半から後半途中までは、レアルマドリード優勢でした。

また、やりあいという意味ではかなりの数の駆引きや悪質プレーがありましたが、これまたこのレベルの試合では珍しく目立っていたので書いておきます。

注目点は、レアルマドリードの左サイドのマルセロとディマリア、あとはペペ。バルサはダニエウアウベス、ペドロですかね。

実際問題マルセロとディマリアのレアルの左サイドはどちらもうまいので、バルサにしても驚異でしたが、ダニエウアウベスとアフェライが結果的に有利に持っていった感じになりました。

例えばディマリアはダニエウアウベスの足が引っかかっていなくても微妙なタイミングでダイブしてファールが取れてしまったり、

ペドロがマルセロの足が引っかかってなくてもわざとダイブして小競合いがあったり、ペドロが倒れているときにマルセロが踏んだりといったことはちょこちょこ起きていましたが、

ぺぺが途中でやってしまいましたし、そんな中、最後はアフェライのドリブルにマルセロも対応出来ませんでしたしね。

結局スペイン語とポルトガル語は似てるので言葉もわかるだろうし、アウベスも執拗にアピールしてましたし、ディマリアもプライドがあるでしょう。ペドロとマルセロも同様です。

そしてぺぺのファールですが、もちろん悪質ではありますが、いつもは良い意味で悪質ギリギリのプレーで、相手を好きなようにさせない選手でありますし、頭のいい選手ですから、特にブラジル人の「ダニエウアウベス」に対して、あれ系の(足の裏で突っ込む的な)ファールをしてしまえば下手したら退場になることくらいはわかっていたと思いますが、退場になってしまいました。

ぺぺは常に悪質ギリギリとは言え、守備の潰しのキーマンだし、かなり効いてますので、退場は痛かったです。ホームだし、一発退場はないかもしれないけど、悪質と判断されたのでしょう。

また、バルサにとってはぺぺが退場になったのは大きく、試合が動きました。

賛否両論あるようですが、見える範囲で足の裏でいってるんで、ダニエウアウベスやバルサの選手がオーバーリアクションだと言うことを証明をしてもあまり意味はないかもしれません。それなら審判に言うべきですね。

あれが足の裏でもなくて、普通のプレーで、足にも全く当たっていないにも関わらず、ダニエウアウベスが意図的な演技をするならば、それは低レベルな悪質演技と言えるかもだけど、あのくらい足の裏が当たってるよう見える範囲のファールだったら、悪質なプレーをした方が悪くなってしまうでしょうね。(訂正・足はまともに当たっていなかったそうです。だとするとアウベスにやられましたね。)

そもそもぺぺの悪質ファールが悪いわけだし、試合開始からなぜかお互い結構目立つところでシミュレーションダイブや小競合いが起きていたわけなので、

ダニエウアウベスが倒れたことだけに色々言う人が多いことに個人的には驚きますね。
(周囲にも見てる人が多く、朝から電話で皆そこを色々言ってました!)

やはりバルサやブラジルと言えばマリーシア(日本的な)とでも思っているんでしょうか?笑

そもそもマリーシアと言う言葉自体が、日本では比較的誤解されているわけですが・・・。

自分は日本で良く言われてる「マリーシア」って言葉はあんま好きじゃないですが、本当の意味でのマリーシアはバルサもレアルマドリードも非常にハイレベルだと思います。

個人的には、あのようなプレーをしてしまい、退場になってしまったぺぺは、今回は残念ながらレアルマドリードの敗退の原因の一つになってしまったと思います。その後モウリーニョまでもが退場になりましたが。。。

おそらくある程度プラン通りいけばレアルマドリード優勢だったし、勝った可能性は高いと思います。

まぁ、こういうのもフットボールでしょう!荒れはしましたが、レベルも高いし、お互いのプライドもガチガチで見応えある試合でした。

ということでまとまりない長文になりましたが、メッシのドリブルからのゴールも見れたし、次もまたレアルマドリード対バルセロナが見れるので非常に楽しみです。圧倒的不利になったレアルだけど、そういう状況でモウリーニョがどういったサッカーを次はしてくるのかって部分も非常に興味深いところです。


人気blogランキングへ




posted by y.peterpan at 08:27 | Comment(2) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

キングカズ

本日も短い記事になります。

「地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」

チャリティーマッチというこの状況で、ゴール決めて、カズダンス。

カズ、熱すぎます。カッコ良すぎます。しびれます。

自分は泣きましたよ本当。

深刻な状態が続く原発問題や、計画停電こそありますが、自分は普通に生活が出来ています。
その自分でさえ元気が出ましたので、

どれだけの東北、茨城などの被災地の方々がこの試合を見れたかわかりませんが、見れた方々には物凄いパワーを与えたと思います。後からニュースで見ても同様だと思います。

小笠原の地元などの映像もニュースでやっていたので、見れた人は結構いたのかもしれません。そして小笠原の熱い気持ちも届いているでしょう。

日本代表と選抜チームでしたが、全てにおいて非常に熱い試合が見れました。
スポーツのパワーの凄さを再確認しました。



posted by y.peterpan at 22:21 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

無題

最近記事が書けていなかったので、ほぼ見ていた日本人出場の試合などをまとめて書く予定でいたのですが、11日に非常にでかい地震があり、日本、特に東北地方の方々にかなり大きな打撃、被害が出ているし、しばらくの間、記事は止まるかもしれません。こういう時こそポジティブな話題を書こうかとも思いましたが、試合をネガティブに書く傾向がある自分なので、そのような場合は止めることになると思います。

元々最近は更新が少なくなってましたが、見れる試合は見ているので、今後まとめて書くかもしれません。

都内でも震度5以上いっていたし、自分はそのときさいたまの方にいましたが、相当揺れたと思います。こちらでさえも人が外に逃げるような状態でしたので、東北の方々のことを考えると、非常に心配です。

一日も早く安心した生活が取り戻せるよう、祈ってます。

サッカー界からも様々な応援メッセージが見れましたので、ここではそれらを紹介します。

元日本代表監督のジーコのメッセージ
http://zico.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-85ec.html

元日本代表監督のオシム&アシマさんのメッセージ
http://info.osimnodengon.com/?eid=244


他にも海外組の日本人選手らのコメントや、気合入ったプレー、または欧州やブラジルらのクラブや選手からも様々な心配、応援のメッセージが入っているようです。

こちらはサッカーブログでしたので、サッカー関連だけを紹介しますが、世界中からメッセージが届いています。

Boa sorte
japão


posted by y.peterpan at 18:18 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

バルサ対アーセナル

いやーメッシ凄すぎたのでアップだけします(笑)

1点目のメッシ。ファーストタッチでわざとふわっと浮かし、2タッチ目でまた浮かしてかわしてゴール。
2点目、ビジャ、イニエスタ、チャビ。これもヤバイです。
3点目、PKでの駆引き。基本的に数回あった。凄い試合で興奮してよく覚えてないですが、キーパーから見ればメッシは左を見ていた。蹴る間際に右向きになり、蹴った瞬間に左にゴロだったと思いますが、これ以外にその前にも駆引きがかなりあったと思われます。

結局オウンゴールで決めたがアーセナルはシュート0でしたたぶん。

アーセナルのサッカー好きなので今日も期待してましたが、攻撃はいつものスタイルではなく、コンパクトではあるもののガチで守れるわけでもなく、中途半端になったし、ベンゲルの狙いはあったと思うが、バルサがうますぎて強すぎたと言う事で終わりました。

こうなってくると、モウリーニョのレアル・マドリードとバルサがまた見たいです。

短くなりますが、とりあえず記事をアップだけしました。


posted by y.peterpan at 07:40 | Comment(1) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

固定概念を取り払う

最近日本人選手がまた数多く海外でプレーしていて色んな試合も見ることが多くなってますが、贔屓目もあるかもしれませんが、日本人のテクニック面は比較的高いと感じています。Jリーグを見ていても高いことは高いし、海外組でも香川や家長や宮市などは元から高いんですが、例えば、長友や岡崎は自分のイメージでは「超うまい」とは今までそこまでは思っていませんでしたし、彼らはそれ以外の部分で良さがあってそこを評価していたのですが、欧州でのプレーを見ていても技術面での高さを感じるときがあります。やはり固定概念は捨てていこうと思った次第です。もちろん、長友はインテルですから、緩急だったり、チームメイトの駆引きのレベルの高さだったり、その辺はまだ攻撃の際に足りないとは思いますし、もっといつもの長友の凄さや良さを全面に押し出して欲しいんですが、それでもドリブルとかもなんとかなって見えていることが多いのは、基本技術も高いのだと思います。また、岡崎なんてドリブルで惹きつけて何人かかわしていくっていうプレーも通用してますしね。

ブラジル人やアルゼンチン人などの個人技に優れる選手らの欧州(特にドイツ)における役割だったりも、まだまだ足りない部分もあるけど、日本人も今後はもっと求められる場合も出てくるかもしれません。また、特にブラジル人の選手ですが、サッカーの技術は素晴らしいけど、それ以外に問題がある場合も結構あったりするので、日本人でも超うまければ、チームとしても扱いやすい場合もあるでしょうし、なにより優秀だけどまだ世界では無名のいい選手が安い段階で取れたりしますので、香川みたいな活躍をする選手が。

パク・チソンや中田ヒデも活躍してたんだし、中村俊輔とか小野伸二もうまさは抜群に魅せたんだから、そろそろ顔がアジア人だからと言って、なめてる態度をするのはやめて欲しいですね。これはあくまでも個人的な意見ですが。

最近見た試合の中ではかなりレベルの高かったと感じたこの前の「アーセナル対バルサ」ですが、あのハイレベルなテクニックと組織の試合でも、今後日本人もどんどん目立って、成長していけば、あそこで出ても魅せれる可能性はあるんじゃないでしょうか。大げさかもしれませんが、実際長友はインテルですし、固定概念は捨てていこうと思ってます。


人気blogランキングへ



posted by y.peterpan at 09:27 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

アジアカップ・優勝

タフな試合でしたが勝ちきりました。李のゴールは素晴らしいとしか言えないゴールでしたね。

いやーそれにしても長友凄いことになってますねー。正直これはマジでビッグクラブもありえるかもしれません。

守備面は以前から安心して見ていますが、攻撃もハンパないことになってきました。というか運動量がヤバイです。以前は攻撃の際のセンスやドリブルやアイデアは物足りないと感じていたのですが、今大会でそれもかき消されつつあります。期待したいです。

この日はオーストラリアですし、ドリブラーや個人技に優れた選手が特に必要ではあったのですが、香川がいなかったため、また松井もいなかったため、心配だったし、実際に停滞していた時間が多かったんですが、長友がやってくれました。また、岡崎も今大会非常に素晴らしかったと思います。

試合ですが、やはりオーストラリアってことで、放りこみサッカーに徹底していましたね。特に魅力は感じない攻撃をしているのですが、前線に能力の高い選手がいるし、日本のDFもまだ若干弱めなのでかなり危険でしたが、岩政入れ、長友上げて、李を入れるという采配が完全にはまり、また、川島のファインプレーも連発し、最終的には0に押さえての優勝は評価出来るでしょう。ヒヤヒヤはしましたし課題はありますが、タイトルを取ったのは大きいですね。

また、長友の素晴らしいクロスから李のスーパーゴールが決まりましたが、その前の遠藤のリズムはやはりさすがだったと思います。遅いし、年を取ってきたとは言え、中々代わりがいないと思います。駆け引きしながら、遅攻、速攻のリズム作り、間合い、縦パス、スルーパスと抜群です。現代表の中では、本田もたぶん出来ますが、代表ではボランチはやらなそうですね。

またまとまりのない文になりましたが、とにかく勝って良かったです。かなり興奮しました。

セルジオも大変興奮してましたね(笑)

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 05:14 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする