BOASORTE 10: ブラジル

2011年07月30日

ネイマール&ロナウジーニョ

つい最近の、「サントス4対5フラメンゴ」という、両チーム合わせて9点入る試合だったんですが、

そのうち、ネイマールとロナウジーニョで5点、アシストを入れるとほとんど全部にからんでいるというなかなか面白い試合になってます。まさにショーです。もちろん、失点が多すぎるというのはありますけど、最近こういった試合もあまり観れないし面白かったので、短い記事になりますがアップだけします。

個人的にはネイマールの1点目と2点目、ガンソのスルーパスからアクロバットアシスト、あとはロナウジーニョのフリーキックを得るドリブルと、そのあとのFKゴールのキックにはしびれました。

YouTubeでも多少見れました。↓
http://youtu.be/56G9w-sIbqo


posted by y.peterpan at 08:50 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

ガンソは動かないが天才

ガンソというのはブラジルではありがちなあだ名ではあるのですが、今回のコパアメリカでは散々なるパフォーマンスでは確かにありました。セレソンの10番ですからね。ただ、やはりあれは天才ですね。もちろん、わからない人には理解しがたい、また現代サッカーでは、場合によっては使いようがない選手ではありますが、間違いなく天才。ただ、調子が良い時はもう少し動きますが(笑)

自分はネイマールとガンソを記事でガンガン書いていて、今回あのパフォーマンスだったためか、ちょこちょこコメントが入ったりもしましたが(暴言に近かったため非表示にしてます)、もう少し見てほしいなと思います。欧州へ移籍していけば動くようになる可能性もありますからね。もしかするとチームが合わせるか、そのまま使えない可能性ももちろんあります。

当初2年くらい前に、うまいと聞いて、サントスでのプレーを見たときも、なんだこの動かない選手はと自分も思いましたが、しかしやはり、その才能は抜群と感じました。

こちらの http://derorinkuma.com/copa-america/copa-america2011/4865 のブログに感想が簡潔に書かれておりましたが、初めて見たとき自分も同じように思い、ずっと気にいって観てます(笑)

のらりくらり、淡々とし、普通の選手では真似できないプレーをする選手。

もちろん、走らないように見えるし実際そうなんで、現代サッカーには多少合いませんが、現代サッカーにおいて、このような異質なタイプの選手がいても面白いと個人的には思ってます。むしろ現代サッカーを変えるくらい出てきてほしいくらいです。ドリブラーはまだいますが、ガンソのようなスルーパス系でこのスタイルは確実にかなり少なくなりつつありますからね。

リケルメとかも同じような匂いを感じますが、基本的には使い方によるので、このプレースタイルがどう進化するのかは今後も見ていこうと思っています。まだ21歳ですし。





人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 22:52 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

リベルタドーレス 決勝 2Leg

毎度ですが、ひとまず先ほど試合を観れたので流れをアップだけします。いや〜時差的にきつくなってます(笑)

リベルタドーレス2011 ファイナル
サントス2-1ぺニャロール


サントスのホームスタジアムではありませんが、ブラジルのホーム「パカエンブー」で行われた決勝2LEGで2-1で勝ち、ついにサントスがリベルタドーレス優勝しました〜!

個人的にはめちゃくちゃ熱いです。昨年から非常に魅力的なサッカーでしたし、今回ムリシーラマリョになり守備も良くなってます。(昨年の状態は過去記事をご参照下さい)

このパカエンブースタジアム、ブラジルにいたとき観に行ったことありますが、基本的にはサントスのホームではありません。ただ、この日はサントスサポーターで埋め尽くされ最高の状態になっておりました。国内だし当然完全なホーム状態ですね。当然ですがペレも来てました。

試合は、ガンソが復活しホームサントスの圧勝が期待される中、ぺニャロールがしたたかな戦い方をみせつつ、鋭いカウンターもピンポイントで狙うという前半になりました。やはりぺニャロールは守備が良かったです。良いチームです。ネイマールにも1LEG同様仕事をなかなかさせません。そういう意味でぺニャロールのプラン通りの前半という見方も出来ました。

しかし後半に入り状況が変わります。個人的には前半出来の悪かった、アロウカとネイマールですが、この2人からゴールが生まれました。これまた本調子ではないガンソのヒール気味アイデアパスからアロウカのドリブルからのパスでネイマールのゴールで先制。さすがネイマール、決勝ホームでゴール。それにより前に出ざるをえなくなったぺニャロールですが、それによりさらにサントスがチャンスになり、たたみこみ、セレソンユース代表のダニーロの個人技から追加点に成功。2-0。

その間欧州移籍が決まっているゼ・エドゥアルドが、この前の試合同様に数本決定機を外したりもしたし、終盤オウンゴールから1点返されたり多少ひやひやしましたが、そのまま終了という流れになりましたー

これで年末のクラブワールドカップにサントスが日本に来ることが決定しました。

バルサ戦が見れる可能性があるということでもありますね。もちろん、ネイマール、ガンソがどこまで残るかというのは気がかりの点にはなりますが、優勝が決まったので可能性はあると思われますし、他にも魅力ある選手が多いので楽しみになってきました。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 13:54 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

リベルタドーレス 決勝 1Leg

ひとまず今回も試合が観れたのでアップだけします。

リベルタドーレス2011 ファイナル

ぺニャロール0対0サントス (ぺニャロールのホーム)

油断は出来ませんが、いよいよサントスの優勝が見えてきました。

この試合は、カウンターのぺニャロールとポゼッションのサントスという感じにはなったのですが、両チームともに決定的チャンスを多く作り出し、なかなか面白い試合になりました。

ぺニャロールは、ただカウンターをしているだけではなく、テクニックを兼ね備えているため、面白いサッカーをしています。ウルグアイ代表がW杯でも良いサッカーを魅せベスト4にいっただけあり、ぺニャロールもまず守備が良いです。

そして、移籍の話題が盛り上がっているドリブラー・ネイマールに対しても、しっかりした守備でドリブルをあまりさせない戦略だったようです。抜かれても意識的に何人かでかこみだしてましたね。

そのネイマールですが、きついマークからダイブ気味でカードを貰うなど前半あたりはぺニャロールの戦術にはめられた感はありましたが、それでもやはりネイマール。基本的にはファールでしか止められないうまさです。後半はマークしているぺニャロールの選手にもカードが出ました。

しかし、メッシもそうですが、ネイマールもファールを受けることが多くなってきてます。ファールで止めるしかない場合もあるのかもしれませんが、ネイマールはまだ若く逆切れなどの問題もあるので自身の退場には注意しないといけません。

試合は、サントスは欧州移籍が決まっているゼ・エドゥアルドが決定機2本外したのに対し、ぺニャロールは際どい判定でPKが取れなかったり、ゴールがオフサイドになったりし、0-0のまま終了。ホームのぺニャロールは痛い引分に。

2Legはガンソが戻る見込みですし、かなりサントス有利になったと思います。

また、優勝後、ネイマールの移籍の可能性はあるものの、仮にレアル・マドリードだとしても、その移籍の時期ははっきりわからないし、契約の状態でクラブW杯までは残る可能性もまだあるので、場合によっては日本で見れる可能性はあると思います。

もしネイマールとガンソが抜けたとしたらかなり痛いですが、それでもサントスFC自体が南米、ブラジルの中で最も勢いに乗っており、魅力的なクラブになっているので、楽しみではあります。

個人的にはあまり話題にはなっていないが、ボランチのアロウカとキーパーは素晴らしいと思います。あとはこの日も素晴らしい仕事を終始していたセレソンのエラーノもいます。あとセレソンユース代表ダニーロもいるんですよね。

ただ、それら選手らも欧州移籍の可能性はありうるためどこまで残るかは常に注目にはなります。まだ優勝が決まったわけではありませんが(笑)

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 13:21 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

リベルタドーレス2011 セミファイナル

ひとまず試合を観れたのでアップだけします。

セロ・ポルテーニョ3対3サントスFC

ホームの1legに勝利しているサントスFCがパラグアイに乗り込んだリベルタドーレス準決2legですが、開始早々からショートカウンター気味に小刻みの良い攻撃を魅せ、アウェーで3点を奪うというこの上ない展開。ちなみにこの日もネイマールは個人技から点取っています。

後半、ホームのセロポルテーニョの怒涛の攻撃+サントスのハードスケジュールによる疲労が見えまくり、セロのファブロにやりたいようにやらせるシーンが目立ち、引分に持ち込まれました。

後半はカードが出まくったり、ムリシ・ラマーリョがなぜか顔面を押さえ倒れこむなど意味のわからない展開にはなりましたが、引分で終了。

この結果、サントスのファイナル出場が決定し、油断は出来ませんがいよいよ優勝が見えてきました。

いやー楽しみになってきました。

優勝すれば日本で見れるし、ネイマール、ガンソ、エラーノがそのままいてくれれば個人的には激アツですね。優勝したらさらに補強もするようなことも言ってますし。

ちなみにボランチのアロウカ、GKラファエル、FWのゼ・エドゥアルドも相当なレベルです。欧州移籍もありうるためどこまでこのままサントスに残るかも注目ではあります。

人気blogランキングへ
posted by y.peterpan at 23:47 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

ネイマール・リベルタドーレス

リベルタドーレスもいよいよベスト4でして、ネイマール、ガンソのいる注目のサントスFCは1Legを勝利し、ファイナル、優勝に少しづつ近づいています。出来たらあと1、2点取っておきたかったところですが、今のサントスは監督がムリシ・ラマリョになってから比較的守備も安定しているので期待できるのではないのかなと思っています。

ブラジルもハード日程の問題も出てきているし、ガンソが怪我をしている中、より負担と注目が高まるネイマールですが、ほとんどの試合で何かしらの結果を出しています。準決勝のセロポルテーニョ戦でもとんでもないドリブルからゴールを演出しています。

キックフェイントから3人程度あっさりかわし、速いドリブルで1人かわしてのアシスト。うますぎます。
最近のドリブラーは左サイド近辺を得意とする選手がまた増えてますね。ネイマールと同年代の日本の宮市、宇佐美も得意としています。うまいです。




人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 15:38 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

サントスFC対クラブアメリカ

リベルタドーレスの先月に行われたサントスFC対クラブアメリカがやっていたので1試合通してひさびさに見れました。注目はネイマールとガンソでした。

順調に残っていたブラジル勢が、ここにきて一気に敗退するというブラジル国内では悪夢のような展開の中、サントスFCは勝ち上がっているので個人的には期待してます。前にも書きましたが、今のサントスは非常に魅力的かつ攻撃的なフットボールを魅せるからです。テクニックはブラジル特有で高いですが、ここにありえない才能のネイマールとガンソがいるわけです。

ちょっと前にはロビーニョがいましたが今はミランに移籍しましたし、アンドレというアタッカーも欧州移籍でもういません。なのでやはりネイマールとガンソもその才能からしていつ欧州に行ってもおかしくない状態ですので、

いつまでこのような魅力的サントスFCを維持出来るかはわかりませんが、是非CWC(クラブワールドカップ)で日本で見たいところです。ちなみに2010年W杯セレソンのエラーノも今現在サントスにいます。

試合は、その天才ネイマールのドリブルからのパスから、天才パウロ・エンリケガンソの足裏トラップからの素晴らしいゴールでサントスFCがクラブアメリカに勝ちました。

posted by y.peterpan at 01:32 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

経済成長から考えるブラジル国内の選手と監督

カンペオナートブラジレイロはフルミネンセが優勝しました。デコはもちろんですが、エメルソンやワシントンも在籍していて結構おもしろそうな感じになってると思ってましたが、コリンチャンスのロナウドやロベカル、サンパウロFCのリカルドオリベイラ含め、ブラジルリーグに以前にまして注目してみるのもおもしろいんではないかと思っています。

前にも記事で書いたかもしれませんが、ブラジルは今中国やロシアやインドのように経済的にも勢いがある国の一つとして注目されています。ブラジルの経済成長とサッカー文化の根付き方や人気度から考えても、国内リーグがどんどん魅力的になる可能性は今まで以上に高まっていると思います。

ちょっと前のサッカーダイジェスト 2010年 11/16号に興味深い記事がありましたが、国内のビッグクラブは特にその傾向がもう既に少しづつ起きているかもしれません。コリンチャンスやフラメンゴが得ているユニフォームスポンサー料はかなり大きな数字で、コリンチャンスに関しては世界5位となるそうです。

また、その記事には、国内選手、国内監督の年収ランキング比較表みたいなのがのっていますので参考になると思います。

元々リーグ自体はレベル高いし、テクニカルでおもしろいし、良い選手を多数欧州に送り出していますし、これからもそれは続くと思いますが、今後は選択肢の一つとして、優秀な選手、監督がブラジル国内でのプレーを望むことも十分に考えられます。国内のビッグクラブでも規模的、年俸的にも魅力的であればその傾向は今まで以上に増えることも予想されます。現に期待の若手ネイマールやガンソなどは現在もブラジルにいます。

もちろん、欧州リーグは世界的に非常に魅力的なので、目標や、野望なども含めれば移籍するかもしれませんが。

監督に関しては元から欧州トップレベルというよりは、例えばJリーグであったり、他の中堅国や発展途上チームなどにいく場合がありましたが、今後は国内でも金額的にも十分魅力的なオファーが増え、その割合が減ることも予想されます。

どちらにしろ、色んな意味でブラジルリーグはおもしろくなりそうです。

また、次のワールドカップもブラジルですし、オリンピックも開催されますし、しばらくは注目が続きそうですね。

ただ、前の記事でも書きましたが、個人的にはもう少し日本でもブラジルリーグが見れる環境になってほしいと思ってしまいます。

人気blogランキングへ

-----------------------------------------------------------------------

ブラジルの魅力と投資方法など
www.hikaku-mania.com/brasil.html

サンパウロFC、ユニフォーム関連
www.hikaku-mania.com/saopaulo.html


posted by y.peterpan at 17:12 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ネイマール、ホビーニョ、ガンソのセレソン

ブラジル代表対USA

新しいブラジル代表が2-0で勝利し、新チームスタートしました。

中でも大変魅力的なのは、以前紹介した現在最強のサントスFCから、

ネイマール、ロビーニョ、パウロエンリケ・ガンソ の3人が出場したことです。そしてネイマールは得点も決めました。ガンソもリバウドのようになりそうです。

試合を全部見れなかったのが残念ですが、YouTubeなどでもちょっと見れますし、ブラジル現地へネットなどに繋げば多少見ることが出来ます。

ドゥンガでは実現できなかったことがいとも簡単に実現したので、2014年地元開催に向けて、ブラジルらしいサッカーに戻ることは間違いないでしょう。

メンバーがメンバーだけに非常に楽しみになってきました。

ネット放送やYouTubeやブラジル人の友達に頼むなどしか今のところまともに日本ではあまり見ることが出来ないサントスFCですが、お世辞抜きで最強におもしろいサッカーしています。

バルサやスペイン代表、マンUなどのサッカーも好きだし、魅力的ですが、自分的にはそれより今のサントスはおもしろいし、非常に魅力的なサッカーを魅せているクラブです。

もちろんリベルタドーレスで来年とかは見れるかもしれませんが、おそらく欧州へ移籍などもする可能性もありますから、メンバー的にはあくまでも現在(W杯前)はです。

それでもあのfutebolなら、ネイマール、ホビーニョ、ガンソに関してはサントスにいて欲しいと思ってしまいます。


posted by y.peterpan at 03:22 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

新生ブラジル代表メンバー

メネゼス新監督、初のメンバー招集スポーツナビ


8月の親善試合に向けたブラジル代表のメンバーが発表されました。
アレッシャンドレ・パト、レアルのマルセロ、サンパウロのエルナネス、この前記事でも書いた今絶好調のサントスFCからは、ネイマール、ガンソ、アンドレ、ホビーニョと4名も招集されました。

マイコンやカカーは今回は招集されませんでしたが、いずれは今回のメンバーに徐々に優秀なベテランは融合するでしょう。特にマイコンは欠かせないでしょう。

ドゥンガのメンバーとは違い、まずはブラジルらしい選考に戻ったという印象で、個人的にも楽しみになってきました。4年後はどうなっているかわかりませんが、サントスFCの4名、特にネイマールとガンソ中心になっていくと非常に楽しみになるし、いつものような魅力的なブラジルになると思います。

posted by y.peterpan at 07:43 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする