BOASORTE 10: 日本代表

2010年04月07日

闘争心がない選手は不要

何の意味がある試合かわからないとは言え、ワールドカップまで2ヶ月という状況のホームの試合で、こんなやる気のないサッカーをしてしまう今の代表はかなり重症ですね。石川は頑張っていましたが、回りがあれではどうしようもないんじゃないでしょうか。

海外組が入れば多少は変わるんでしょうけれども、そういう簡単な問題ではもうないと思います。
やる気がない選手、伝わらない選手、ファイト出来ない選手は代表から辞退するべきでしょう。

こんなやる気のない試合をしてもなぜか最後まで声援を送ってくれる日本サポーターに対しても失礼だし、そのうちサポーターも消えるでしょう。

人気blogランキングへ




posted by y.peterpan at 21:35 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

メンバーと戦い方はほぼ決まったか

岡田監督に対する評価は昨日の勝利だけではもちろん上がりません。

続投はもう決定なので、ごちゃごちゃ言っても仕方ありませんが、個人的には今でも解任した方がいいと思っています。

ただ、メンバーを変えるとある程度の中盤にはやはりなるので、後は個人個人でやるしかないですね。

本田、松井、俊輔、長谷部を入れてくると攻撃の質ががらりと変わったと思います。

特に調子の上がっている松井は一つのポイントになるかと思います。
香川や大久保でも良いですが、個人的には松井を押したいとは思います。トリッキーなプレーやドリブル突破を積極的に仕掛けますし、基本的にテクニックのレベルが高いです。

注目の本田ですが、課題もありますが、やはり存在感はもちろん、プレーも言動も髪型も全てにおいて現在の日本代表では抜けてきていると思います。

CSKA対セビージャを見た方なら既にわかると思いますが、昔の中田英寿のような存在感を感じます。確実に本戦でもスタメンで起用するべきでしょう。

エスパニョールでお払い箱に近い状態になってしまった俊輔ですが、この日は良かったと思うし、昨日みたいなプレーが出来るのであれば本戦でも期待したいです。やはりテンポの違いがあるのでしょうか?

日本代表はこれからが勝負だと思います。選手個人が!

ジーコの時もそうでしたが、岡ちゃんはそれ以下なので、もう時間もないしある程度個人でやっていくべきだと思います。中盤だけを見れば、世界的に見ても見劣りはしません。

オシムであればこんなことにはなっていなかったとは思いますが・・・。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 19:32 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

バーレン戦メンバー

バーレーン戦日本代表

楢崎正剛 川島永嗣

中沢佑二 田中マルクス闘莉王 駒野友一 今野泰幸 長友佑都 内田篤人

中村俊輔 稲本潤一 遠藤保仁 松井大輔 阿部勇樹 長谷部誠 本田圭佑

玉田圭司 平山相太 岡崎慎司 興梠慎三 森本貴幸

大久保や中村憲剛は残念ですが、だいたいメンバーは決まってきていますね。平山と森本が入ったのは良かったですが、気になるのはやはり小笠原が外れていることです。

岡ちゃんは「小笠原については中盤は海外組の選手が多いということがあって、海外組優先で、ということを考えております。」

と言っているんですが、「海外組優先」でというのはどういうことなんでしょうね。「今回は海外組優先」ということならまだわかりますが、これからは海外組優先だから小笠原が外れたんだとしたらもったいないことです。

また、本田、森本、平山はスタメンで起用して欲しいです。松井もコンディション良さそうです。とにかく今の俊輔のような(試合に出ていないですが)、リスクをおかさないプレーばかりするんではなく、前を向いて常にゴールを狙う選手をどんどん今は使うべきです。遠藤は別です。問題ないです。

どちらにしろバーレン戦も情けない内容で惨敗した場合は、すぐに監督を変えてもらいたいです。

本当に日本代表にとっても時間の無駄になります。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 04:36 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

サポーターのブーイングは素晴らしい

岡田監督続投へ 犬飼会長「新しい人はリスクが大きすぎる」 スポーツナビ

ここはシンプルに解任で良いと思います。
そもそもベスト4を目指している日本代表が、現在このような最悪な事態になっているにも関わらず、

「新しい人はリスクが大きすぎる」

などと言ってられないんではないでしょうか。
確かにワールドカップまであと4ヶ月くらいでリスクはかなりありますが、現状の日本代表が世界を驚かせるためには、大きなリスクをとっていかないとまず無理でしょう。

岡ちゃんじゃなければここまでベスト4を公には狙わないかもしれませんが、世界を驚かせたいと言う気持ちは誰でもあるし、日本人である私も日本代表には活躍してほしいと願っているのです。

選手選考などの疑問点はありますが、今日の試合を見る限り、選手は個人個人出来ることを頑張っていると思います。伝わる選手もいます。
やはり完全に岡ちゃんサッカーがアジアにも通用していないのはあきらかだし、今後もまるで期待出来ません。

たらればを言っても無意味ですが、オシムであれば今頃かなり完成されたチームになっていたことが予想されるので、余計に残念でなりません。
流れ的には岡ちゃん続投みたいなので、今後もベースは変わらずに本番に入っていくのでしょうか。
せめてスタメンに、常にゴールを狙うプレーが出来る本田を使ってほしいものです。そしてゴールに貪欲な森本と高さと天然の平山をスタメンに入れてFWを総入れ替えしてもらいたいところです。

人気blogランキングへ



posted by y.peterpan at 04:36 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

ビーチサッカー アジア制覇


ビーチサッカーワールドカップアジア予選がドバイで決勝が行われ、日本はバーレーンをを破り、アジア王者となったようです。ビーチサッカー日本代表前園もゴールを決めたみたいですね!

これで本戦が楽しみになってきました。前回もいいとこいきましたし!

ビーチサッカーは普通のサッカーと比べても年をとっている選手が多いし、前園も全然いけると思います。世界最強のブラジルも年とっている選手多いですし。

でもビーチサッカーってやってみるとかなり疲れるんですよね・・・。それでもある意味高度なテクニックも重視されるので前園は向いているんじゃないでしょうか。

これから注目したいと思います。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 07:26 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

U17の3試合。

U17は3戦全敗で最下位で終了してしまいました。ブラジル、スイス、メキシコですから、かなりきびしいことは予想していましたが。

テレビでは最後まで、「プラチナ世代」、「才能はある」、「ゲームでは負けていない」などを連発していましたが、残念ながら結果が全てなので、3戦全敗だったというのはこの中では1番弱かったということなので、そこはもっと考えなければなりません。

確かに日本の技術は非常に高いものがありましたし、細かいパスを綺麗につなぎ、要所ですばらしいサッカーをしていたのは評価できます。ブラジル相手でも出来ていたし、スイスの前半も良かったし、メキシコ戦でも同じようなスタイルのメキシコに対して堂々とパス戦を見せました。しかし結局1勝も出来ませんでした。

また、宇佐美の才能は抜群で、これは大会全体を見てもトップクラスであることは間違いありません。しかし、メキシコ戦の敗戦は宇佐美が原因だったのも間違いありません。また運動量などにかなりの問題もまだあります。

ただ彼らはまだ17歳以下だし、全然これからです。宇佐美にしても彼次第で世界に羽ばたける能力は十分にあるで、この敗戦をバネに、また頑張って成長してほしいと期待しています。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 21:21 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

ガーナ戦。

昨日のガーナ戦は4-3というスコアで勝利。

なんとも言えない部分もありますが、とりあえず逆転で勝ったところは評価したいと思います。

今回は前田が入り、くさびを受ける動きが出ていて、タメが出来るので、前半から安定してチャンスを作れていました。中村俊輔も前半ミスはあったけど、最近の中ではけっこう良かったと感じました。前を向くと、決定的なスルーパスが出てたし、シュートの意識も高かったし。
皮肉なことに俊輔が交代してから逆転したわけですが・・・。

でもやはり、今のパフォーマンスを見ていると、ズバ抜けた存在ではないのは確かです。年齢的なことを考えてもある程度仕方ありません。もちろん経験は豊富だし、サッカーがうまいのは間違いありませんが。

試合ですが、今回はガーナのモチベーションの問題なのか、ガーナが後半終盤にガタ落ちしてとは言え、3点取って逆転した部分は評価出来ます。

最後の稲本のゴールは素晴らしかったけど、中村憲剛とのパス交換からそこまで持っていった長友の突破、玉田の左に流れる動き、という流れはひさしぶりに良い流れでしたね。中央には本田もしっかりフリーで詰めていましたし。なかなか迫力ありました。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 09:33 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

オランダ戦。

昨日のオランダ戦は大体の予想通り0-3の敗戦になりました-、。

しかし、予想通りの惨敗とは言え、強豪国とやると昔からなかなか頑張る日本代表なので、特に前半はオランダ相手にまずまずのサッカーを見せたんではないでしょうか。

それでもやはり結果が全てで、得点が入るような怖さは出ませんでした。まずまずのサッカーをしても負けたら負けだし、最低でもコンフェデのときのブラジル戦や、親善試合のイングランド戦や、ドイツ戦のように、引き分けくらいに持ち込まなければなりません。

今回は内容の悪いオランダに、最終的に0-3なので、前半まずまずの試合をしたからといって評価はできないでしょう。

今回は個人選手の評価よりも、代表のチームとして現実を見つめてほしいと思います。

本戦でなんとか戦えるチームになるように時間はありませんが、もう一度やっていくしかありません。

人気blogランキングへ




posted by y.peterpan at 16:28 | Comment(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

ベスト4じゃなく、グループリーグ突破を目指してもらいたい。

日本代表は無事にワールドカップ出場を決めました。そのことについては、評価したいと思います。

しかし、ウズベキスタンからの3戦を見る限り、1年で本戦ベスト4のレベルに持っていくのはかなりきびしいと思います。てか無理でしょう。

現状ではグループリーグ突破どころか、全敗または引き分けが精一杯で、勝ちきることが出来るチームではありません。
なので大きい目標も大事ですが、それよりもせめて本大会でまともに戦えるレベルに、なんとか勝ちきれるチームに、そしてグループリーグ突破を最大目標にするべきだと思います。

1年しかありませんが、まずは最初に戻って0から考えて早急に行動する必要があると思います。


個人的にここ最近の試合を見て、単純に思った事を上げます。
・FWはこのままのメンバーでは無理があるのではないか?
・中盤は層が厚いようで実際は薄いのではないのか?
・岡田監督でいいのか?
・中村俊輔は絶対ではないのではないか?
・矢野はなんのために選考されているのか?


パッと思ったことだけではこんな感じです。実際はもっと色々ありますが・・・。

まずFWの選考ですが、ぶっちゃけ玉田の1トップはかなりきびしいと思います。玉田は個人的に好きな選手ではありますが。
また、岡崎は確かに点は取っているので評価していますが、普通のときは並レベルになるので現状では絶対的ストライカーとは全く言えないと思います。田中達也や大久保もいますし、セリエAの森本はもちろんですが、選考自体からもう一度考え直す必要があると思います。
今のところ小さい選手を並べていますし、それはそれでアリだと思いますが、起点になる大型FWも含めて考えるべきです。大きくて早い矢野をあのような起用の仕方をしているわけですからね。新潟ではサイドから良いプレーしてますが、新潟と代表ではまたやり方が違ってますし、メンツも違うので。。

中盤ですが、確かに日本は俊輔、遠藤、長谷部、松井、中村憲剛、本田その他選考外にも良い選手が揃っています。しかし選考メンバーの中から考えると実は層は言うほど厚くないのではないでしょうか。
実際、遠藤と長谷部がいなくなると中盤の質がガタ落ちしてますよね。ある程度のレベルを保てれば良いですが、少なくとも遠藤と長谷部のボランチが欠くとかなりレベルが落ちると思いました。今野は守備は良いですが、攻撃になると創造性、展開力、パス精度が若干欠けているし、橋本も現状ではどうしても普通で世界をおどろかせるほど圧倒的ではありません。組み合わせの問題もありますが。
遠藤や長谷部が怪我などしないでくれれば良いことですが、やはり選手層が薄い気はします。

そして岡田監督ですが、予選を突破したのでこのままでいくのが当たりまえだし当然そうなるでしょう。そして岡田監督にはある程度の評価はしています。しかしあえてきびしいことを言うならば本当にベスト4を目指すのなら、あと1年しかないこの状況でも監督を逆に変えるべきではないでしょうか?そのくらいの思い切ったことや、常識はずれの行動をしなければ変わらないような気がしてきています。岡田監督のサッカーでは今のところアジアでなんとか突破レベルです。実際ウズベキスタン戦とかはラッキーだったわけだし、カタールにも勝ちきれません。

次に、中村俊輔は絶対的存在か?というところですが、これまた微妙になっていると思います。もちろん大好きな選手だし、代表にはまだまだ全然必要だと思います。しかしここのところのプレーをみている限り、良くないのはあきらかだし、スーパーエースとは言えないと思います。俊輔の調子が上がってこない場合は、松井や本田を普通に起用した方が良いと思います。

最後に矢野はなんのために呼ばれているか全くわかりません。矢野自体にも問題はありますが、それ以前の問題かと思います。昨日のオーストラリア戦などは醜いもので、疲れていてもそのまま松井を使っていた方が、攻撃は出来たと思います。興梠でも良かったし。
矢野の能力を生かせられなければ、全く機能しないし、使うべきではないと思います。能力はあるのであの使い方はもったいないでしょう。


ネガティブな長文になってしまいましたが、やはり日本はワールドカップで活躍してほしいので、きびしくはなりますがこれからもきびしく応援したいと思います。

人気blogランキングへ






posted by y.peterpan at 07:04 | Comment(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

W杯出場は、ほぼ決まったが。


W杯出場は、ほぼ決まったが、楽観視はしないほうが良いです。
残り3試合で1勝すれば良いのですが、とりあえず次のウズベキスタン戦で決めてしまいたいところです。
仮にウズベキスタン戦で、引き分けや、負けでもホームのカタール戦で勝てば良いわけですが、最終戦がアウェーのオーストラリア戦なわけですから、早いとこ決めておく必要はあります。万が一がありますし、場合によってはカタールが2連勝したり、ウズベキスタンが、次のオーストラリア戦に勝ってくることだってありえないことはないですから。そのような最悪のシナリオはほぼないとは思ってますが、なってしまったら最悪なので、早いとこ決めてしまいましょう。

それにしても逆グループはきびしいですね。逆グループに日本がいたらもっとおもしろいことにはなりそうです。

人気blogランキングへ






posted by y.peterpan at 07:58 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする