BOASORTE 10: U19アジア予選、終。

2006年11月13日

U19アジア予選、終。

U19は残念ながら、北朝鮮に敗れ準優勝という形でアジア予選が終わりました。この結果は昨日の試合だけ見れば当然だと思います。

大会の結果を見れば、出場権獲得して目標達成と言うことになるし、問題はないのでしょうが、納得がいかない最終戦となりました。

吉田監督は意地でも優勝すると言う貪欲な気持ちはあったのでしょうか?

それからハーフナーマイクのプレーにはある意味非常に驚きました。
潜在能力は高いと思いますが、現時点では残念ながら、U19代表レベルではないのはもちろんのこと、昨日の試合だけ見れば点が取れる状態ではなかったと思います。

注目の伊藤翔にしても、PKを決めたくらいで特に目立てませんでした。使い方にも問題があるとは思いますが・・・。

この2人を決勝でこのような使い方をした吉田監督の采配は不思議です。

そして日本と北朝鮮ではサッカーの質だけ見れば日本の方が断然上のはずですが、根性と走力とフィジカルで完全に圧倒されてしまいました。グランド状態が悪いとは言え、これは問題だと思います。

しかし、今大会最後に負けてしまいましたが、まだまだ可能性のある世代です。個々の能力は高い選手もいるので、ぜひ世界で良い経験をして選手としてレベルアップして欲しいと思います。

まだまだ注目して見ていきます。


人気blogランキングへ
posted by y.peterpan at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック