BOASORTE 10: ラモス監督続投。水戸に大敗。

2006年10月29日

ラモス監督続投。水戸に大敗。

ラモス監督の続投が決まったヴェルディですが、J1昇格はなくなりました。

ヴェルディは黄金期に比べると実力はかなり落ちますが、伝統の細かいパスをきちんとつなぎ、テクニック重視のサッカーをします。

私はブログでも書きましたが、個々の技術レベルが高く、駆け引きがうまいチームの方がゲームを支配するため、試合に勝つ確立は高くなると思っていますが、やはりサッカーなので必ずしもそうなるわけではありません。

ひさびさに永井秀樹を見れると思い録画観戦した水戸戦は、まさにそんな感じになってしまったのですが、4−1と言うスコアになったのは驚きました。

選手の気持ちの問題もかなりあると思います。こういう展開は私が最も見たくないパターンです。

アトランタオリンピックのように、応援している日本がブラジルに支配され続けるも、ワンチャンスで勝った場合は逆にうれしかったのですが。


今シーズンの昇格を逃した責任は、監督のラモスにもあるものの、ラモスのフットボールを浸透させるには、続投には賛成です。

黄金期のような常勝軍団に戻すには、まだまだ時間がかかりそうですが、来期はもっと浸透すると思うし、ヴェルディらしいフットボールをやり続ければ、おもしろいチームにはなるとは思います。



人気blogランキングへ





posted by y.peterpan at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 応援クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26382399

この記事へのトラックバック