BOASORTE 10: アジアカップ・優勝

2011年01月31日

アジアカップ・優勝

タフな試合でしたが勝ちきりました。李のゴールは素晴らしいとしか言えないゴールでしたね。

いやーそれにしても長友凄いことになってますねー。正直これはマジでビッグクラブもありえるかもしれません。

守備面は以前から安心して見ていますが、攻撃もハンパないことになってきました。というか運動量がヤバイです。以前は攻撃の際のセンスやドリブルやアイデアは物足りないと感じていたのですが、今大会でそれもかき消されつつあります。期待したいです。

この日はオーストラリアですし、ドリブラーや個人技に優れた選手が特に必要ではあったのですが、香川がいなかったため、また松井もいなかったため、心配だったし、実際に停滞していた時間が多かったんですが、長友がやってくれました。また、岡崎も今大会非常に素晴らしかったと思います。

試合ですが、やはりオーストラリアってことで、放りこみサッカーに徹底していましたね。特に魅力は感じない攻撃をしているのですが、前線に能力の高い選手がいるし、日本のDFもまだ若干弱めなのでかなり危険でしたが、岩政入れ、長友上げて、李を入れるという采配が完全にはまり、また、川島のファインプレーも連発し、最終的には0に押さえての優勝は評価出来るでしょう。ヒヤヒヤはしましたし課題はありますが、タイトルを取ったのは大きいですね。

また、長友の素晴らしいクロスから李のスーパーゴールが決まりましたが、その前の遠藤のリズムはやはりさすがだったと思います。遅いし、年を取ってきたとは言え、中々代わりがいないと思います。駆け引きしながら、遅攻、速攻のリズム作り、間合い、縦パス、スルーパスと抜群です。現代表の中では、本田もたぶん出来ますが、代表ではボランチはやらなそうですね。

またまとまりのない文になりましたが、とにかく勝って良かったです。かなり興奮しました。

セルジオも大変興奮してましたね(笑)

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 05:14 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。