BOASORTE 10: 日本対韓国。良い点・悪い点。個人的感想

2010年10月13日

日本対韓国。良い点・悪い点。個人的感想

親善試合ではありますが、アウェーの韓国ということで、タフで激しい試合でしたね。ただ、そんな中でも好ゲームだったと個人的には思います。ただ、最近勝ってないし、U19も負けたばかりなので、勝てなかったのはくやしいさは残ってますが。。。

今日の試合の個人的感想

チームとして良かった点は、やはり、ある程度整備された組織的守備&パスワーク&個人技(ドリブル)が少しだが見られた点と、特に前半は、以前(W杯前)より縦パスが入っていた点でしょう。また、メンタルの面でもW杯やアルゼンチン戦で自信を付けたり、自信を取り戻したのか、韓国の鬼プレスにある程度対応し、落ち着いてゲームを進めた点。

チームとして悪かった点は、単純ですが点を取れなかった点、攻撃のリズム、特にサイドバックからですかね。

日韓戦ということで、けっこー白熱して観ていたので、細かいとこまで説明できませんが、

特に前半は距離感保った組織的守備が機能してましたし、また、岡ちゃん時代よりも攻撃時に「縦パス」の意識があり、前半はある程度おさまっていました。それらに加え最近の結果による自信によるのか、堂々とした感や落ち着きもあり、韓国のハイプレスにも対応しながら、特に前半はゲーム自体は日本ペースだったと思います。

ただ、後半は「くさび」を受けてから前半まずまずのプレーをした前田もフィジカルで潰されたりしてしまったり、おさまってもアイデアが不足し、中々リズムが作れませんでしたね。

また、さすが韓国。中々運動量が落ちないし、日本の弱点を付くように、得意のロングボールやフィジカル面で若干有利に出てきて徐々に押しこまれる時間も増えましたね。

また、これは前半・後半通してだったと思うけど、特に内田が中途半端なプレーを連発し、守備面どころか攻撃面でも消極的で、サイドからの攻撃のリズムが出ませんでした。

また、長友は守備は非常に良いし、運動量+積極性があるので、安心して見てますが、あえて厳しいことを言うなら、安易に簡単に前へクリアや、蹴り出したりしてボールが外に出てしまったり、攻撃時のドリブルや、仕掛けがほぼ単純なので、もう少し相手に向かって斜めに入って行くような持ち方や、駆引きもして欲しいですね。

終了間際に、長友と確か車選手とのマッチアップがあったんだけど、単純すぎて読まれました。ただ、これこそセンスの問題にはなるので、致し方ない部分でもありますが、長友の攻撃の成長やドリブルを見る限り出来る部分も多少あると思う。

ということで、今日は内田・長友のサイドバックからの上がりのワイドな攻撃はイマイチに個人的に見えました。そこは課題ではあると思います。

まぁ、総合的に見たら長友のパフォーマンスは常に良いので長友が外れることはないと思いますが、内田はマジで微妙なパフォーマンスで厳しいです。個人的には内田は好きな選手なんで前から援護してましたが、攻撃面でも貢献せず、消極的に中途半端なことが続くと、さすがに外れるかもしれませんし、しょうがないと思わざるをえません。

ただ、今は内田は成長するチャンスだと思うんですよね。元々鹿島はブラジル的なスタイルだし、ラテラウとして内田は活躍したし、良いとこ(攻撃センス)を引き出せるスタイルなんです鹿島は元々。ただ、今ドイツへ行き、しかもシャルケというクラブで、またブラジルとは違うサイドバックも学べるわけだし、学ばなければレギュラーになれないかもしれません。なので絶好の修行の場だと思います。

ブラジル人の典型的ラテラウも、欧州で大活躍してることから考えても、成長次第では飛躍出来る可能性は持っているので、是非とも頑張ってもらいたいとこであります。

次に個々の選手の良い点を上げます。まず本田。前半もまずまず良かったんですが、特に後半途中から、昔のVVVフェンロ時代のような右サイドからのドリブルを魅せたり、シュート意識も高かったです。そして、いくら韓国がフィジカルが強いとは言え、本田に数人で囲んで体を当ててもボール取れなかったし、パク・チソンがいなかった今日の両チームの中である意味、本田が一番光ってたと言えます。

次に長谷部。後半の疲れてるだろう時間で、中央から独走ドリブル突破をしたり、攻守において素晴らしい活躍でした。もちろん、フィジカルでも負けません。びっくりしました。

あとは、今野と栗原と松井ですかね。松井に関しては決定機をミスで逃したりしましたが、(その後は手に当てたのはPKしょ)やはりテクニック+韓国のフィジカルに全く負けてなかったので、評価してます。

韓国について

韓国はパスを繋ぐらしいというのは聞いていたんですが、パスサッカーというより、やはり通常通りの鬼プレスと走力&フィジカルサッカーに近く、パク・チソンも不在で、やや単調でしたし、チェ・ソングのドリブルも今日は見れなかったし、前半は10番以外は特に創造性もテクニックも感じられませんでしたね。後半に入り、セルティックの選手のキック技術などは見られましたが、全体的にはいつも通りに見えました。

それでも今までの(W杯前)の日本であれば、あの落ちない走力&激しいプレス+メンタルによって、完全に押し込まれ、最後はやられていたでしょう。そんな中、勝てなかったけど、今日の日本の戦いはまずまずだったと思うし、評価出来ます。また、ザックには期待してます。

長くなりましたのでこのくらいにしますが、

ひさびさに今後の日本代表に期待して見ています。

ただ、負傷退場したし、心配していた駒野は、右上腕骨骨折ですか。これは残念ですね。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 03:29 | Comment(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国ゎいつでも、あのサッカーが出来るってのが魅力の1つだね… 日本ゎ結構、相手に合わせたり好不調の波が激し過ぎってかメンタルでしょ!昔ゎ正直メンタル何てクソくらぇって思ってた!でも、昔よりかゎ城福の言ってた意味も少しゎ理解出来る所も増えた。けど、やっぱり愛するべきブラジルフッチボーラだから!格好よく華麗にオシャレってのが超大好きだし、でも苦手な所の対策だったり、その壁からの戦いに向き合う所とかゎ私生活も大事なのかなぁとも思い出してるのは事実!それが個のエゴの追究にもつながるのかな… とも思うから!でもディフェンスからのオフェンスって所からの部分でディフェンスの罠をかけるって所で組織的なディフェンスが必要とも思う。オフェンスに関してゎアイデアのヒントや例題ゎ教えれても、それを使うのゎ選手だしオンプレー中のヒラメキもかなり大事だからね!だって城福の時ってオフェンスのアイデアやヒントや例題ゎあったけどディフェンスゎほとんど教えてきれなかったと思うの、何でかって思うのゎ城福自体がオフェンス出身だからってのが大きかったのかなと、でもカルリーニョゎディフェンス出身だからディフェンスも教えれたと思う!だからディフェンスを教えてたのがカルリーニョだったのかなと思う。縦へのパスのチャンスゎ一瞬だから相手のディフェンスの脳の考えより早く見付けてアイコンタクト(南アみたいにうるさい会場の場合)して早いパスを出すってのゎ早いパスを綺麗に止めれるって信用があるからだせるもんだからね!そんな所も個レベルだよね〜 早くクラブ作ろう!?
Posted by クラブ マリー射 at 2010年10月18日 19:21
コメントありがとうございます。
メンタルや走力はマジで重要だね!
今になるとさらによくわかってくるし、それでいて、世界と戦うには、個のスキルの育成年代からの重要性は増すばかりだね。

>オフェンスに関してゎアイデアのヒントや例題ゎ教えれても、それを使うのゎ選手だしオンプレー中のヒラメキもかなり大事だからね!

今回のザッケローニは守備の組織は細かそうだけど、攻撃面では、良い意味で、ある意味個のヒラメキがポイントにはなりそう。
それがハマればザックサッカーはおもろいかもしれない!
Posted by y.peterpan at 2010年10月19日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。