BOASORTE 10: スペイン。圧倒的。

2010年07月08日

スペイン。圧倒的。

スペイン対ドイツ

1-0でしたが、見てる側から見ると危なげなくスペインが勝った印象でした。ドイツの戦い方はスペイン戦仕様だったのか、芝が悪すぎて個人の技術に差が出たのかはわかりませんが、良いときのドイツは見ることが全く出来ませんでした。

そしてスペインはスイスには負けはしましたが、一貫してスタイルを崩しません。ドイツ戦は個人的にどうなるかわからないと思っていましたが、調子が悪くもたもたしていた、フェルナンド・トーレスをスタメンからきっちり外して、内容もほぼ支配し、勝ちきりました。最後はシルバ、トーレスを入れパワープレーを守りながらカウンターを狙う監督の采配も完璧でしょう。

最近は守備のブロックをがっちり作り、引きながら負けないサッカーをまずはするチームが多い中、スペインはバルサほどではないとは言え、慌てず丁寧にゴロでパスを回し続け、ただ回しているだけではなく、決定機までもっていくという意志を持って常時狙ってます。攻撃になると才能ある個人技に優れる選手たちが、長い時間ポゼッションし、ドリブルも織りまぜながら、じわじわとゴールに近づく感じですね。それでいてトーナメントでは今のところ失点もしていません。素晴らしいサッカーですね。

まず負けないサッカーが主流の最近ですが、ブラジル、アルゼンチンはもちろん、スペインやメキシコやチリなどのスタイルは貴重だし、こういう時代こそ注目して欲しいと個人的には思います。

別にスペインは思い入れがある国でもないし、オランダ、スペインどちらが優勝しても個人的には良いのですが、攻撃的オランダが今日のドイツのような戦い方をスペインにさせられてしまうと、スペインが優勝するかもしれません。

それにしてもプジョルの走りながらのジャンプ力凄いですね。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 11:03 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。