BOASORTE 10

2010年07月28日

新生ブラジル代表メンバー

メネゼス新監督、初のメンバー招集スポーツナビ


8月の親善試合に向けたブラジル代表のメンバーが発表されました。
アレッシャンドレ・パト、レアルのマルセロ、サンパウロのエルナネス、この前記事でも書いた今絶好調のサントスFCからは、ネイマール、ガンソ、アンドレ、ホビーニョと4名も招集されました。

マイコンやカカーは今回は招集されませんでしたが、いずれは今回のメンバーに徐々に優秀なベテランは融合するでしょう。特にマイコンは欠かせないでしょう。

ドゥンガのメンバーとは違い、まずはブラジルらしい選考に戻ったという印象で、個人的にも楽しみになってきました。4年後はどうなっているかわかりませんが、サントスFCの4名、特にネイマールとガンソ中心になっていくと非常に楽しみになるし、いつものような魅力的なブラジルになると思います。

posted by y.peterpan at 07:43 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

スペイン。圧倒的。

スペイン対ドイツ

1-0でしたが、見てる側から見ると危なげなくスペインが勝った印象でした。ドイツの戦い方はスペイン戦仕様だったのか、芝が悪すぎて個人の技術に差が出たのかはわかりませんが、良いときのドイツは見ることが全く出来ませんでした。

そしてスペインはスイスには負けはしましたが、一貫してスタイルを崩しません。ドイツ戦は個人的にどうなるかわからないと思っていましたが、調子が悪くもたもたしていた、フェルナンド・トーレスをスタメンからきっちり外して、内容もほぼ支配し、勝ちきりました。最後はシルバ、トーレスを入れパワープレーを守りながらカウンターを狙う監督の采配も完璧でしょう。

最近は守備のブロックをがっちり作り、引きながら負けないサッカーをまずはするチームが多い中、スペインはバルサほどではないとは言え、慌てず丁寧にゴロでパスを回し続け、ただ回しているだけではなく、決定機までもっていくという意志を持って常時狙ってます。攻撃になると才能ある個人技に優れる選手たちが、長い時間ポゼッションし、ドリブルも織りまぜながら、じわじわとゴールに近づく感じですね。それでいてトーナメントでは今のところ失点もしていません。素晴らしいサッカーですね。

まず負けないサッカーが主流の最近ですが、ブラジル、アルゼンチンはもちろん、スペインやメキシコやチリなどのスタイルは貴重だし、こういう時代こそ注目して欲しいと個人的には思います。

別にスペインは思い入れがある国でもないし、オランダ、スペインどちらが優勝しても個人的には良いのですが、攻撃的オランダが今日のドイツのような戦い方をスペインにさせられてしまうと、スペインが優勝するかもしれません。

それにしてもプジョルの走りながらのジャンプ力凄いですね。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 11:03 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ネイマール・サントスFC

コメントでも書きましたが、ネイマールは今ブラジルで最も熱い期待の若手だと思います。今大会でも待望論はありましたし、まだ18歳とは言え、サントスのエースで、レアルなども常に追っている選手です。

日本でも同年代の宇佐美はネイマールと何度か試合していますが、当時、宇佐美も全然負けていなかったので、個人的には宇佐美にもかなり期待してますが、最近のネイマール、ありえないことになってます。個人的にはレアルよりバルサやマンUに行って欲しい気持ちもありますし、そのままサントスでも良いんじゃないかと思います。ホビーニョもいるサントスは今凄いサッカーしてますし。ちなみにガンソもサントスです。




人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 06:44 | Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ブラジル対オランダ。残念。

ブラジル負けました。残念です。負けたと言うか自爆と言っても良いかもしれません。

前半に関してはこの前のチリ戦同様、ほぼ完璧に進めていたし、守備的だと言われても、やはり要所要所でウンドイス多用の中央突破やサイドからのドリブルなどもあり、オランダ相手でも1枚上でした。攻撃面でも。これはブラジル特有の物でうますぎるのでしょうがないのです。ただ、オランダのキーパーの素晴らしさもあり追加点が取れなかったのは痛かったです。

そして後半・・・。まずオウンゴールのような感じで入れられ、2点目もセットプレーからスナイデル。2点目はオランダを褒めるしかありませんが、その後のフェリペメロの退場。これは痛すぎました。

日本人の西村審判でしたので一瞬心配しましたが、リプレーで見てもあれは完全に軽率なプレーだし悪質でしたね。ロッベンに対していらついていたのはわかりますが、冷静にならなければなりません。これで完全に逆転が難しくなりました。その前からブラジルらしいことをロッベンにやられたと言ってもいいかもしれません。ホビーニョらもいらついてましたし。

フェリペメロですが、ホビーニョの1点目のパスなど見ても、かなり貢献していただけにこの退場でどうしようもなくなってしまいました。

やはり時間がなくなるとブラジルもさすがに焦るし、結局ちぐはぐして終わってしまいました。日本戦のように私も気持ちが入っていたし応援していたのでとても残念な気分です。

もちろんオランダの攻撃サッカーも好きですが、ブラジルが負けたのは非常に残念でした。これでアルゼンチンも負けたら、個人的にはですが確実に楽しみは少なくなります。

これでドゥンガはきびしいですね。元々守備的だなんだと多少の批判はありましたので、今回優勝出来なかったし、ベスト8で敗退となると国内でもそうとう批判は出てしまうでしょうどうしても。

徹底したサッカーをやり続けて結果も出していましたし、穴がなく負けそうにないと個人的にも思っていましたが、

結局は結果的にはパト、ネイマール、ロナウジーニョ、ジエゴ、マルセロ、ガンソなどありえない選手がメンバーにも入っていないこともあり、色々と言われるでしょうし、今回は優勝するしかなかったと言えると思います。結果が全てとわかっているだけにドゥンガもくやしいと思います。

今日のような展開でも、サントスのネイマールや、ホナウジーニョなど圧倒的な個人技で打開出来る選手は今回のメンバー以外にも凄い選手はいくらでもいますからねブラジルは。

どちらにしろ、日本が負けてからは、思い入れのある国、セレソンを応援していたので、負けてしまい個人的にもとても残念です。

ドゥンガはドゥンガで評価しますが、やはりいつものようなセレソンを次のブラジル大会では絶対見たいし、たぶんそうなるんではないかとは思います。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 07:26 | Comment(3) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする