BOASORTE 10

2010年06月30日

日本対パラグアイ・スペイン対ポルトガル

日本代表は残念でしたがPKで負けてしまいました。

PKまでよくもっていきましたが、やはりチャンスはありましたのでゴールを決めきれないところは課題です。パラグアイもでしたが。

そしてPK戦はある程度しょうがないです。駒野、よくやったと思います。昔から知ってるんで、私は個人的にはですが駒野PKは安心して見ていました。こういうこともあります。現場しかわからないこともあると思います。

私的には延長途中からPKで勝つだろうと確信していたので試合後の数分は悔しくてかなり落ち込みましたが、もう前を向き次へを期待します。課題も多いです。

今、スペイン対ポルトガルを見ていますが、やはりボール運びや一対一、ドリブル、駆引きなどそのあたりの差は特にあります。まあパラグアイはしたたかでしたが。

どのようなスタイルが良いのかなんてのはわかりませんが、日本の選手たちは一丸となり、まとまれば、かなり戦えることがわかりました。

守備も組織的に出来ることもわかりました。もしかするとウルグアイやパラグアイのような戦い方も出来るチームになる可能性もあるし、スイスのような素晴らしい守備に徹底することも、またはチリのようなことも出来る可能性もあります。

そして敗戦後の涙を見てもわかりますが、選手たちは全てをかけていたと思います。

遠藤が泣いている姿なんてのは見たことありませんでした。初めて見ました。

これはパラグアイも同様で、ベスト8にかけている気持ちは物凄かったでしょう。歴史もあります。パラグアイでさえ8までは苦労しました。

日本もベスト16は立派な結果です。この結果は次につながる物にしなければなりません。

今回このような魂のこもった熱い戦いを代表が見せてくれたことには素直に感動しましたし、大会前の状態を考えると夢のようなところまで行ったわけだし、課題もわかったわけなので、ここからが全てでしょう。

サッカーはまだまだ続きます。期待したいです。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 05:09 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

ブラジル対チリ。その他展望。

アルゼンチン対メキシコ同様、ベスト16屈指の注目試合だと個人的には思っていたのですが、やはり素晴らしい極上フットボールが見れました。この時間まで起きていても全く損はありません。

また、チリが良いのはわかっていたし、僅差になる可能性もあると思っていたのですが、今日のブラジルは本当に完璧で、試合をあっさりうまく決めてしまいました。これぞセレソンという感じでした。

これで次はブラジル対オランダ、アルゼンチン対ドイツというたまらないカードになりましたね。ベスト4でも良いと思いす。

私はブラジルとアルゼンチンが勝ち抜けて欲しいですが、ドイツがかなり強いので、マラドーナアルゼンチンはどうなるかはとても楽しみです。勝てれば優勝も見えてきます。

そしてブラジル対オランダ。これは今まで数々の名勝負見せているので非常に楽しみな試合ですね。今日のブラジルの出来だと、まずどこにも負けそうにありませんが、オランダのタレント、攻撃力も凄いので、ブラジル相手にいよいよ本領発揮するとなると確実におもしろい試合になるでしょう。

個人的にはブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、スペインで、決勝でブラジル対アルゼンチンだったら最高です。

もちろん出来る事ならば、スペインのとこが日本であってほしいですし、勝ち進んでいけば全部日本応援です。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 06:36 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

デンマーク戦。素晴らしい勝ち。結果が全て。

大会前 も書きましたが、ワールドカップという大会で、あのボロボロ状態から結果を出した岡ちゃん、選手たちは本当に凄かったし、結果なんて出るわけないと批判的に言い続けたことをまず謝りたいと思います。結果が全てです。

もちろん悪い時は批判もしていますが、日本人として代表はいつも応援してるんで、今回は本当に単純にかなり喜びましたー。

9時くらいまで起きてましたが街の方も盛り上がりまくってましたし、改めてフットボール、スポーツの感動、力は凄いなと思います。

また、選手が一丸となっているのが本当に伝わります。本田や遠藤がフリーキックを決めたときに、少しはくやしいであろうベンチ俊輔がマジで喜んでねぎらっていたように見えたし、チームが一つになっているというのは見ていても伝わってきます。

試合内容としてもデンマーク相手にカメルーン戦より良かったと個人的には思いますし、課題はありますが、まずは結果が全てで、グループリーグ突破というのは今後の日本にとっても大きいことになりました。

本田のFKは凄すぎたし、遠藤はいつも通り冷静。1本スーパーを決めてる本田があの距離で立ち、遠藤があの助走という駆引き。

そして3点目のゴール。あれは大久保がまず良かったし、本田の個人技から完全にかわし、キーパーの逆も取り、岡崎。素晴らしかったと思います。

カメルーン戦同様、この3ゴールは世界でも流れますが、気持ちの良い自慢できるゴールです。特に本田はビッグチームへの移籍に向けてかなりのアピールになっているでしょう。

そしてゴールを決めた選手以外にも11人全員、ベンチ、岡ちゃん皆良かったと思いますね。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 14:55 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

フランスでもバラバラになるとこうなる。

今回のフランスはジダンはいないとは言え、個々の能力的に見ると非常に高かったし、チームが一体になっていればもちろん優勝候補の一つだったと思います。

しかしそのくらい選手の能力が非常に高いフランスでさえ、チームがボロボロになるとこのような惨敗になってしまうということですねサッカーは。

問題は色々あるとは思いますし、よくわからない部分も多いですが、問題の一つとして、あのドメネク監督という方は間違いなく問題はあるでしょう。南アフリカとの試合後の態度を見ていても一目瞭然です。アネルカの件にしても同様でしょうたぶん。

あんな方を長く代表監督にしている協会もどうかとは思いますが、あの傲慢な態度を彼自身が1から反省して行動しないと、もうどこからも相手にされないでしょう。

個人的にはフランス人だからとかじゃなく、ドメネクが問題なんだと思います。

あんな方が万が一日本代表の監督になったら、強くなる可能性ももちろんありますが、この前の岡ちゃんとは違った意味の大惨事になると思います。色んな意味で。

まずないとは思いますが、絶対勘弁してもらいたい監督ですね。

ジーコや岡ちゃんは人間として尊敬出来ますからね。ドメネクに関しては個人的にはですが尊敬は出来ない方です。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 03:29 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ブラジル順当勝ち。

ブラジルは順当に勝ちましたが、後半途中からコートジボワールの悪質プレイのオンパレードになり、エラーノ負傷、カカーもなぜかレッドで退場。

決勝トーナメントを決めたのでカカは影響はほとんどないとは言え、エラーノは心配だし後味の悪いゲームにはなりました。

コートジボワールは立ち上がりからかなり良くとてもいい試合になっていたんですが、ブラジルが後半3点取ったあたりからコートジボワールの悪質ラフプレイがでてきてしまい、審判も意味不明で最後はけっこう荒れた試合になってしまって残念でした。

カカーの退場はなしでしょう審判。まあルイスファビアーノの凄い個人技からの2点目はハンドだと思いますが。

試合はドログバが点取り3-1でしたが、セレソンは北朝鮮戦と比べると攻撃面でだいぶ良くなっていました。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 06:10 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

スナイデルのあのシュートは難しい。オランダ戦。

あのシュートは基本的に防ぐのは難しいと思います。川島は反応してましたが、あのようなレベルのシュートをはじくのはけっこう難しいと思います。しょうがないと言えます。

また、リードされてから中村俊輔を入れたのは個人的には賛成ですが、同時に森本も入れて欲しかったです。または矢野。本田がワントップだと俊輔を入れてもそれほど意味がないと思ってしまいました。岡崎と玉田を入れているのでシステムが流動してるかもだし、狙ってるんだとは思いますが・・・。

本田を中盤に下げて俊輔と並べても良かったと思います。または松井じゃなく大久保と交代しても良かったかもしれません。

基本的には今の俊輔はかなり慎重で勝負をしないところはあるので、決定的なスルーパスやセットプレイの精度に期待するしかありませんが、レッジーナの時のようなスタイルにも対応出来ると思うし、カウンターでもスピードがあったり点取り屋がいたりする場合は俊輔は活かせると思います。

最近は評価はがた落ちしていますが、単調なミスは本当どうしようもないですが、個人的には体のキレ的に前より調子は戻っているように見えたし、本調子であれば一つの駒として使い方次第で確実に日本の力になると思っています。デンマーク戦では出番はないかもしれませんが、決勝トーナメントを考えると確実に必要です。

また岡崎も頑張っているので期待してますが、あのようなワンチャンスを確実に決めるようにならなければオランダのような相手には引き分けには持ち込めないでしょう。守備が組織的に良くなってきているだけに少ないチャンスをいかに決めるかがワールドカップのようなギリギリの戦いではかなり重要になります。

どちらにしろ今日は負けはしましたが、デンマーク戦次第で可能性は残っているので、今日の前半のような試合をしつつ狙うとこは狙い是非ともグループリーグ突破を狙って欲しいと思います。

岡監督も勝負師として昔のような感じになってきているので十分可能性はあると思います。ここはマジで頑張って欲しいです。

人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 23:38 | Comment(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

メキシコ対フランス

元々メキシコサッカーは好きだし、フランスサッカーも好きなので最近かなり寝不足ですが、楽しみにしていたので強引に見ましたが、

やはり特に前半はハイレベルな試合になりました。

メキシコはどんな相手に対してもパスをポンポン綺麗につないでいくスタイルは崩しませんし、フランスは個人能力・組織的にもとてもレベルが高く、見ごたえある前半でした。個人的には前半はフランスが若干有利かなと見えました。

ただ、後半もドスサントスを中心にアグレッシブに前線から守備&パスをつなぎまくり、したたかに狙うメキシコに対し、フランスは点を取られてからもあまりアグレッシブさが出てこなく、今回はメキシコが勝つべくして勝ったなと思いました。

1点目はオフサイドっぽかったですが、フランスはほとんどアピールもしないし、点取られてからも全然強引に攻めない。ベンチの方も微妙と、どうしたんだろうと思ってしまいました。

最終的にメキシコはドリブルからPKを獲得して、したたかに追加点を奪い2-0で勝ちました。

ウルグアイも良いし、最終戦がウルグアイ対メキシコと言うことを考えてもフランスはかなりきびしい状況になりましたね。

ただ、ウルグアイもメキシコもアルゼンチンとはやりたくはないと思うので、最終戦はどうなるかまだわかりません。南アフリカも開催国なのであきらめの早いアフリカとは言え頑張ると思うし、最後まで注目のグループです。

人気blogランキングへ



posted by y.peterpan at 06:29 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

ウルグアイが非常に良い

南米予選ではギリギリだったと思いますが、ワールドカップの本戦での試合を見る限りウルグアイはかなり良いです。強いと思います。今終わった開催国、パレイラ南アフリカにもきっちり勝ちました。3-0。

ウルグアイはまず守備が固く、それでいて南米特有の個人技(ドリブル・パス)、何より試合の運び方、ハイレベルな駆引き、最終的に試合をコントロール。ほぼ完璧だったと言っても良いでしょう。

このグループはまだまだわかりませんが、ウルグアイ抜けて欲しいです。

同じ南米のブラジルやアルゼンチンほど派手さはないように見えるかもしれませんが、今日のような試合で常に進めていくと優勝しても驚きません。

強豪国と試合しても守備はそう簡単に崩れそうにないです現時点では。

このグループでウルグアイとメキシコが勝ち抜けば決勝トーナメントはよりおもしろくなるんじゃないかと思いました。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 05:42 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

セレソン登場

ブラジル代表が登場しました。試合は2-1だし北朝鮮も頑張っていましたが、差がありすぎました。

ただ、セレソンも物足りなく、カカ、ルイスファビアーノあたりの調子が戻らないと優勝までスムーズには行かないでしょう今日のままでは。特にカカー。

また、いくら守備が良くても攻撃に関してはブラジルは常にブラジルでいてほしいんですよね正直・・・。ウンドイス多用の中央突破がもっとないと。

ドゥンガの理想は確か、1に勝ち、2に点を与えない、3に観客を魅了という優先順位だったような気がしますが、優先順位を全部同じにして欲しいです笑 魅了して勝つということで。もちろんそれでは普通は勝てないかもしれませんが、セレソンなので。

あれでは優勝以外の結果だとブラジル国内でもさらに批判されるかもしれません。あっさり負ければ大変なことになるでしょう。

まあそれでも得点シーンに関しては2点ともブラジルらしい美しい物は見れました。

初戦だし徐々に良くなるとは思うので今後に期待です。守備が良いだけにブラジル的リズムが出れば優勝は十分狙えるはずです。

ホビーニョ、マイコン、バストス、エラーノは今大会注目です。

ダニエウアウベスはスタメンじゃないんですね。確かにマイコンはいますが・・・。

人気blogランキングへ

posted by y.peterpan at 07:33 | Comment(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

オランダ戦

次のオランダ戦はどのように行くかはわかりませんが、オランダ戦は負けると考えると、デンマーク戦は引き分け以上を狙う必要はあるし、今の日本ではカメルーン戦のように失点しないサッカーをデンマーク戦でもオランダ戦でもまずしなければならないので、オランダ戦での岡ちゃんの戦法、戦略は気になりますよね。もちろんオランダ戦も引き分け以上をしたたかに狙うのもありでしょう。

しかし、オランダ相手だと昨日のようなサッカーではまず無理ですが、次のデンマーク戦まで考え、布陣も変えてくる場合もあるかもしれません。

松井、大久保、本田、遠藤あたりはデンマーク戦でも攻撃で確実に重要だし、トゥーリオがオランダ戦でカード貰うと痛いですね。休ませると言ったらあれかもしれませんが、使い方に変化をつけるやり方もあると思います。

その場合でも阿部をDFラインに下げたり、岩政もいますし、森本や憲剛や俊輔や内田や稲本と言うスタメンでもおかしくないような選手を途中もしくわスタメンで使ってもいいかもしれません。

俊輔は昨日ちらっと映りましたが、心の中はわかりませんが、チームのために一丸になっていたし、本田のゴールの時も飛び出していました。私は見ました。チームとしてやる覚悟を決めていたでしょう。また、調子さえ戻れば俊輔はやはりうまいし、代表の力にはなるでしょう。

また、かなり難しいとは言え、もちろんオランダ戦も結果を出して欲しい気持ちはあります。引き分けとかでも。ただ、戦い方が気になるわけです。カメルーン戦のようにガチガチで行くのか、デンマーク戦を踏まえてコロッと変えたり、オランダと戦うためにコロッと変えるのか。

でも岡ちゃんの勝負師としての顔や戦法が昨日の試合だけは昔の岡ちゃんに戻ってきたので少しだけ戦術には期待したいです。

どちらにしろカメルーン戦に勝ったので、色々とおもしろくなったのは間違いありません!!

人気blogランキングへ



posted by y.peterpan at 22:38 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする