BOASORTE 10

2008年09月07日

南アフリカワールドカップ最終予選。初戦バーレーン戦。

最終予選バーレーン戦。3−2で勝利しアウェー初戦で勝ち点3をもぎ取りました。


正直試合前、アウェーだし、下手したら負けることも予想してたので、後半40分まで3−0で勝っていた時は、予想外ではありました。

1点勝負のハラハラドキドキになるだろうと思ってましたから。


まあ最後の5分は、ありえないギャグ的な展開になり、最終的に5分間程1点勝負のハラハラドキドキになってしまいましたが、とりあえず初戦のバーレーンに勝ってスタートが切れましたので、ひとまずOKでしょう。


最終予選だし、試合内容云々より、やはり結果がすべてですから。


そもそもバーレーンは最近強くなってますが、サッカー的にはそれほど良いサッカーしてないですし、本来普通に日本の方が上だとは思いますが。


しかし最近の日本は全然良くないので、課題は多いですがひとまず勝てたのは大きいと思います。


試合展開としましては、前半に中村俊輔の先制FKが決まったのは大きかったですね。


あの時の遠藤の駆け引きは、非常にハイレベルでした。

やはり俊輔レベルのキッカーがいると、あの位置なら高い確率で決めてくれるので、やはり今の日本には数少ない武器の一つですね。

そして2点目もセットプレーから、PKを獲得し、遠藤がいつも通りあっさりさらり、コロコロと決め、2−0。



後半は、バーレーンも積極的にきましたが、なんとか凌ぎ中村憲のミドルで3−0。


今日はさすがに、唯一の武器セットプレーもうまくいき、DFに当りはしましたが、中村憲の豪快なミドルも決まったし、選手も最終予選の重圧しかもアウェーの重圧の中、まずまずやったんじゃないでしょうか?

途中何本か、ドフリーをバーに当てたりもしてましたが・・・


しかし2失点ははっきり言ってありえないです。

やはり3−0で勝っていたのですから、ボールをキープして時間使ってあのまま終了ってのがベストなのは当り前です。

しかし現状の岡田ジャパンの「日本対バーレーン」ではこんなものでなのでしょう。

なんだかんだ勝って、アウェーで貴重な勝ち点3を獲得したのだから今回は良しとしましょう。


個人的には遠藤の調子が復活したのは、プラス材料です。


ほぼ遠藤が試合全体をコントロールしてますね。プレーは遅いですが、遠藤は天才だと思います。


長谷部も決定的なシュートを外しはしましたが、調子が戻ってきてると思います。元々良い選手です。


松井はドリブル・キープ出来ますし、基本的に中盤は質は高い選手が多いと思います。


FWは、田中達也。シュートこそ決めませんでしたが、個人技で突破出来る選手だし、気合が伝わってくるし、良かったです。玉田もですが。

今のところ、似たような2枚を並べてますが、私的には良好だと思います。


DFラインですが、闘莉王・楢崎の連携ミスで失点したり、内田の集中力だったり、結局2失点してしまいましたので、課題はありますが、それがなければ、それまでは大きな問題は特になかったとは思います。


私は闘莉王・中澤のセンターはそれぞれ個性的だしアジアでは最強に近いと思ってます。


だからこそ心配なのが、この2人が累積や、怪我でいなかった場合のサブが薄いって方が今だに心配ではあります。


岡田監督は北京五輪で、森重の良さは見てないのでしょうか?

若いですが、選考しても良いと思います。


そして気になるのですが、なぜ阿部を4バックの左サイドで使うのでしょう?

確かに長友が微妙ってのはあるんですが、長友しかいないからってことでしょうか?

それともサイド攻撃は右からの内田限定なのでしょうか?


阿倍を使うってことは何か意図があると思いますが、私には難しいと思います。3バックの左サイドならわかりますが。


私は、ブラジル行ってた時の古い固定概念があるので申し訳ないのですが、けっこう疑問に感じました。


ひとまず、中盤はメンツが揃ってますし、選考されてない小笠原や、小野とか、良い選手がいるのである程度心配はないのですが、DFが少し気になります。


私的には森重が最近凄く気になります。


長くなりましたが、なんだかんだで勝ち点3を取れたのは評価出来きます。


そして次のウズベキスタン戦はホームだし、カタールが勝ったみたいだから、確実に勝ちましょう。ひとつずつ消えてきますから。

理想としては、年内の3試合は全勝ですね。最悪でも勝ち点7でしょう。


そうすれば来年やりやすいと思います。

そういう意味でもウズベキスタン戦は必ず勝たなければなりません。



人気blogランキングへ






posted by y.peterpan at 14:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

最終予選。初戦バーレン戦と岡田監督について。

最終予選初戦のバーレン戦が近づいてます。

はっきり言ってこの前のウルグアイ戦といい、直前にも関わらず何をやってるんでしょう?と言うのが正直な感想です。

ウルグアイは確かに強かったのですが、その前に岡田監督の目指すサッカーでは限界があるのではないしょうか?

どのようなサッカーがしたいのでしょう?

こんなことを言ってもしょうがないですが、オシムがあのままやってたら全然違ってただろうという思いが出てしまいます。残念です。悲しくなります。

そもそも岡田監督のサッカーって守備から入りますよね?

マリノス時代確かに常勝軍団にしましたが、堅いサッカーやってましたよね?

個人的には見てて「おもしろいサッカー」だとは全く思いませんでしたが、確かに強いチームを作りました。結果を出しました。

なぜやり方を変えたのでしょう?(実は変えてないのかもしれませんが)

もちろん日々変化してますし、ものすごい研究をしてると思うし、それなりに考えがあってだと思います。

あの状況で代表監督になった岡田監督の勇気は称えるべきですし、監督が変わったのだから、サッカーも変わるのは当然だし、オシム継承的な流れもおかしいし、岡田監督も困ったと思うし、大変だったと思います。

しかし「これからは俺のやり方でやる」と言うのはいいのですが、そんなことを言ってから、さらにわけがわからなくなりましたよね?


私の予想では、それでもなんとか突破出来るとは思います。

どの国も最終予選になると簡単にはいきませんが、逆組と比較しても組み合わせ的にはパッと見、比較的マシではあります。
てかマシでしょう。

それでも現状の岡田ジャパンでは簡単に突破は微妙だと私は思います。

そしてフランス予選のようにハラハラドキドキの展開でミラクル的試合をし、感動的にワールドカップを掴み取り、また本戦前の過剰な期待と、無謀な目標を掲げ、結果は本戦全敗的な絵になるようなことは、今後の日本サッカーにおいて危険ではないでしょうか?

それでもやはり日本人の私は日本を応援しますし、意地でも勝ってもらいたいし勝てば喜びますが。

そういう意味でもここは思い切って、バーレン戦負けたら解任にしても良いと思います。

ワールドカップ最終予選なのです。どのような監督で、どのようなサッカーであっても結果を出せば基本的には良いんです。

結果が出なければ解任は早い方が良いと思います。

個人的には「魅せる」美しいフットボールで結果を出して欲しいですが、基本的には結果がすべてです。

最近の北京五輪や、代表の微妙なサッカーを見ていると、予選から惨敗して、ワールドカップにさえ出れないくらいになれば、協会も変わるのかな?なんて思って、弱いし負けるのもアリかな?なんて最低なことを考えたりすることさえあります。

それくらいきびしいと思います。最近の日本代表は。

Jリーグとか見てた方が熱いし。

まあそんなこと考えてても、結局は熱烈に代表は応援しますけどね。


人気blogランキングへ




posted by y.peterpan at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする