BOASORTE 10

2008年08月12日

北京五輪。ナイジェリア戦。

1−2で敗れ、予選突破はなくなりました。

想定内の事なので、それほど騒ぐことではないと思います。アメリカ戦は別として、ナイジェリアとは個人の能力に差がありすぎました。

しかし、日本の選手達は良くやったと思います。このメンバーで考えれば十分やりました。

反町監督もある程度やったんじゃないでしょうか。負ければ叩かれますが結局今の日本では世界に出れば勝つのは難しい感じなんです。

岡田監督に関してもそれほど期待は出来ません。

日本人の監督でははっきり言ってきびしいでしょう。

マスコミ等も騒ぎ過ぎるのは問題だと思います。


結果がすべてだし、今大会負けましたが、選手が一生懸命頑張っているのは事実だし、それほど悪いサッカーをしていたわけではありません。

反町監督にしても叩かれて当たり前ですが、元々監督としての指導能力、国際経験の少なさから見ればこの程度なのかもしれません。

しかし反町監督が全力でこの五輪代表に魂を捧げていたのは事実で、結果が出なかっただけなのです。出るわけもないのですが。

今の日本でメダルを取るのは、どの監督でも非常に難しいでしょう。

メンバー的・個々の能力的に見て可能性があったとすれば最近ではシドニー五輪の時くらいじゃないでしょうか。

ただ今回、本田圭に関しては叩かれて良いと思います。大物的な感じでデカイことを言うなら、有言実行しなきゃボロクソになります。確かに才能は認めますが。

競技は違いますが、水泳の北島なんかは男です。レベルが違います。


人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

北京五輪。初戦。

初戦のアメリカ戦0−1で敗れました。

予想通りの展開ではありますが、あのアメリカ相手に負けるときついですね。

そして初戦のアメリカ戦に勝利するのが予選突破には重要だったから、これでこれからきびしい戦いになります。

ただ選手は一生懸命やってます。敗戦は痛いですが、元々メンバー的にも実力的にもきびしいのですから、マスコミも最初から持ち上げ過ぎるのはやめて欲しいですね。OAさえ使ってないですし。

この日本は今大会の中で実力的・メンバー的に考えても、かなり弱い方なのです。

ただ選手は一生懸命やってます。

昨日の試合は前半から内田を中心に何度もサイドから突破してチャンスを作ってました。

何度か決定的チャンスを作り、悪くなかったのですが、点が入りません。確実に決まったと思ったシーンも空振り的な感じで枠の外に外れたり。

後半に入るとすぐに失点。でもアメリカのレベルが想像以上に低く、普通にやれば逆転出来るだろうと思ってました。

しかし前半とは違い、日本も失速して結局同点にも出来ず敗戦。

非常にくやしいですね。なぜならアメリカが弱かったから。日本も弱いですが、試合が始まって、このアメリカには勝てるだろうと思ってましたし、初戦は重要でしたから。

この敗戦によってきびしい展開になりましたが、あと2試合出来ますし、元々きびしかったわけですから大敗してもいいからもっと攻撃的にガンガンやってもらいたいです。

とにかく点を取らなければ意味ないですから。


人気blogランキングへ


posted by y.peterpan at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする